浴衣を着る時ボブで楽しむ簡単ヘアアレンジで立体感があるとオシャレ★

夏と言えば、お祭りですよね♪
夜店や花火、おみこしと言った、日本ならではの夏の楽しいイベントに
浴衣を着て行かれる方も大勢いらっしゃいます。
お子さんに浴衣を着せられる方もいらっしゃいますね。

浴衣は和装なので、洋服と違って髪型がむずかしいですよね(;´・ω・)

そこで、簡単にできる、そして誰にでもできる、浴衣を着るときのためのヘアアレンジをご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

実は浴衣の髪型は横や後ろからの見え方がオシャレ度を左右する!

洋服でも浴衣でも、髪型は、実は前からみた時の感じではなくて、
横から、後ろからみた時の感じがおしゃれかどうかを左右します。

着物や浴衣の時に、髪を結うのは、髪の毛が長いほうが
いろいろな種類のアレンジができますが、
短いからといって、あきらめることはありません。

たとえば、シニョンにはできなくても、
シニョンで生み出される立体感はボブでも出せます。

ヘアアレンジで立体感を出す

ターバンを使います。
ターバンがなければ、スカーフや布でも。

ターバンを生え際にそってつけます。
この時、
前髪がぺちゃんこにならないように、
一度ターバンを持ち上げます。

そして、ここがポイント。
前髪を適量出します。

適量とは、少量の束を少しずつ出していき、
鏡で見て、
顔周りがすっきり見える、と思う量です。

失敗しても簡単なので、何度でもやり直しができます。

小顔に見せたい場合は、口元に
髪がかかる感じです。

それが完成したら、後ろの髪に櫛を入れて、
逆毛を立てます。
根元を中心に立てます。

ふんわりしてきました。

最後に、ヘアアイロンがあれば、
毛先をくるりと色々な方向にはねさせたり、
ワックスなどで毛先を遊ばせたりして、
空気感を出します。

これは、ボブにしかできないふんわり感です。
動きも、横から見た時も、正面も、とても可愛いので、
お子さまにもおすすめです★

少し大人っぽい感じが、女の子なら、大喜びです。

三つ編みをする

細い細い三つ編みをいくつか編みます。
その時、髪の分け目をできるだけ片方に寄せます。
割合的には、8対2ぐらいです。

三つ編みを留めるゴムを色ゴムにします。
浴衣の色に合わせるような色にするとシックに。
カラフルにするとポップな感じになります。

この時は、
髪の毛の全体に空気を含ませたいので、
後ろの髪を少し持ち上げて、
キープ力のあるスプレーを下から
噴きつけるような感じで。

ボブの髪の毛は、痛んでいないせいか、
とてもさらさらしていることが多いので、
三つ編みが途中でぱらぱらと崩れてしまわないように
ワックスで固めます。

髪全体にワックスをつけると重たくなるので、
三つ編み部分だけにつけます。

ヘアピンを使う

ヘアピンを使ってアレンジするのも可愛いです。
浴衣の色に合わせるとすてきです。

いろいろなタイプのヘアピンを留めるのなら、
浴衣の色と同系色にすると大人っぽい感じ。
色を合わせずに留めるとファンキーな感じになります。

髪の毛をはねさせます。
あまりきっちり留めるよりも、
アバウトな感じのほうが可愛いです。

この時も、最後はキープスプレーで固めます。

動いている間に髪の毛がぱらぱらと落ちてくると
疲れている感じが出るので、わりときちんと固めます。

お助けグッズ

急に浴衣を着ることになった、ヘアピンなんてない・・
こんな時に便利なのが、ボタンです。

二つ穴にUピンを入れるだけ。
ボブは全部の髪を結うことはできませんが、
一束くくって、くるりと結うことはできます。

小さい女の子なら、
頭のてっぺんにしても可愛い。
おだんごにボタンが1つ。
かわいいワンポイントです。

結えない長さの場合は、
造花の花をピンにとめて、つけると写真映えします。
留める場所はこめかみです。

花は、できるだけ浴衣の色に合わせると、
かわいいです。

これは、長い髪でも応用が効くので、
大人はシニョンに花、
小さい女の子は、こめかみに花、
と親子でおそろいにするのも
かわいいです。

ヘアバンドに花をつけると
手軽で可愛いアレンジができます。
造花をボンドでくっつけるだけです。

花は、できるだけ夏の花にするのがおすすめです。
ひまわりなどは、百円ショップでも季節的に売っているので、
手に入りやすいと思います。
また、洋風の花ですが、ハイビスカスも、
浴衣の色によっては、きれいです。

花以外でも、長いリボンを使えば、
可愛いアクセントになります。

端を持ち、輪を作って持ち、また輪を作る。
これを円を描くように繰り返します。
最後に中心を糸で留めます。

糸は、見えるので、
リボンの色と同じにするのではなく、
全く違う色にしたほうがかわいいです。

まとめ

どんなアレンジにしても、
大切なのは立体感です。

浴衣は、それだけで華やさがあり、
普段とは違う特別感があります。

それに負けない髪型にするには、
ヘアースプレーやワックスは必需品です。

ヘアーアイロンやホットカーラーも、
洗面所の奥のほうにあったら、
ぜひ、出して使ってみてください。

ボタンを使ったり、造花を使ったり、
普段と違う髪型をすると、
意外にも浴衣にぴったり合うことがあります。

どんな髪型でも、
少しだけ手をくわえて、
浴衣の一日を楽しんでくださいね^^

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする