ぽっこりお腹をできるだけ早く簡単に解消する超簡単エクササイズとは?

夏本番になると・・・
薄着、水着、浴衣など、
何を着ても気になるのが体形ですよね。

暑さで食欲もないし、少しは痩せたかなと期待しても、
どうもお腹だけはぽっこりしたまま(´・ω・`)

なんとかしたい。
できるだけ早く、できるだけ簡単に

辛い思いをせずに、ぽっこりお腹を簡単に解消する方法はないのでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ダイエットものが売れ続ける理由

世の中には、たくさんのダイエット本、エクササイズの本があります。
痩せたいばっかりに、ついつい購入しますよね。

糖質制限、カロリー計算、顔痩せ、体幹を鍛える、
ダンスをしながら痩せる、などなど。

試していないものはないのではないかと思うほど。
私の本棚には、お恥ずかしいのですが、
「ダイエットコーナー」が実際にあります。

ダイエットやエクササイズが、効率よくできるという触れ込みの道具もたくさん持っています(^^;)

寝て起きるだけで腹筋ができるもの、
テレビを見ながら腹筋できるもの、
履いて歩くだけで痩せるもの。

ついついコマーシャルを見ていると、やる気が湧いてきてしまい、即購入^^
何度か試して、しばらくすると、マイブームを過ぎてしまい、
効果があるのかないのかわからないうちに、オブジェのような存在に

これをすべてやり続けていたら、
いったい、どれぐらいのモデル体形になっていたことでしょうか!?

痩せたいと思いながら痩せないのは、続かないから。
その心理をつくように、次々と発売される本や、グッズ。

その流れをしっかりわかりつつも、
ついつい先日も新聞広告を見て
買ってしまいました(●≧Å≦)

年齢や生活スタイルによっては痩せにくいんですよね!

実は、十代の頃と二十代の頃に、徹底的にダイエットをしたことがあります。

当時は、
まだ今ほどダイエットはブームではなく、
糖質制限という考え方も出回ってなく、
ひたすらカロリーをおさえて、
運動をする、という方法でした。

今までやった方法の中で、一番成功した方法です。
ですが、今は、カロリーよりも糖質のほうが太る原因になると言われていますので、
この方法は、少し古い方法なのかもしれません。

成功したのは、おそらく、若くて、やる気が持続したからです。

ダイエットやストレッチは、年齢によって、内容も効果も違います。

十代の頃は、健康であれば、太っていても、可愛くて魅力的だと思います。
まだ、成長期です。あまり無理なダイエットはおすすめしません。

二十代、三十代は、少しダイエットしたら、割と効果が出やすいのですが、
四十代になると、なかなか代謝が悪く、効果が出にくくなります。

また、最近は、パソコンや携帯など、
じっとしていることが多い気がします。
指だけを動かしている時間がとても長い

パソコンを一時期、立ったままする、ということにもトライしてみましたが、
集中力が続かないので、この方法は、向いていませんでした。

どんな年齢でも、生活スタイルでも、
効率よく、簡単に、辛くなく、
お腹をスリム化できるといいですよね。

食事制限もしたほうがいいのか?

糖質ダイエットは、確かに痩せます。
わりと即効性もあり、
白飯やパスタが大好き、という方でなければ、
あまり苦ではない、という方も多いんです。

でも、最近の酷暑の夏。
無理して、食事制限すると、夏バテになりますので、
できるだけ、食事制限以外の方法を考えてみました。

私がいろいろ試した結果の究極の簡単エクササイズ

いろいろなことを試しては続かない経験上、気がついたことがあります。

単純ですが、続けないから、痩せないのです。

たぶん、忍耐強く、毎日きちんと続けることのできる人は、即効果が出て、
ダイエット本の二冊目は買わないのでないかとすら思います。

「続かない」イコール「その方法は効果がない」というのではありません。
「続かない」イコール「続けない」のです。
それでは効果が出るわけがありません。

つまりは、続ける方法が大切ということです。
よく聞くのは、何かをする前に必ず腹筋をしてからする、
と決めるというのがあります。
たとえば、トイレに行く前に、お風呂に入る前に、寝る前に。
これは、気がついたら忘れてしまっていた、ということがよくある方法でもあります。

気がついたら、もうお風呂につかっていた。
また、明日にすればいい。

そういう場合は、たいてい翌日も忘れます(^^;)

絶対に忘れない、絶対に思い出せる方法が1つだけあります。
これは、忘れっぽい私でも、忘れない方法です。

シャンプーをする時、前かがみになります。
その時、絶対に目に入るのが、お腹です。
これを何とかしないと、と思う瞬間でもあります。

背筋を伸ばし、下腹にぐっと力を入れて、
引っ込んだかどうかを目で確認し、シャンプーを始めます。

息は止めないでくださいね。

力を入れすぎると息を止めたままになっていて苦しくなります。
鼻から静かに息を吐き出し、呼吸をします。

シャンプーをしている間は、
下腹に意識を集中します。

下腹に力を入れる方法が
実感としてわかりにくい場合は、
一度床に寝ころんで、
両足を数センチあげてみてください。

ぽっこりしたお腹は、
胃の部分でも、ウエストでもありません。
おへその下の部分です。
ここに力を入れるのです。

これは、
今までやったなかで、
一番効果があり、
一番持続性があり、
一番忘れない方法でした。

忘れないことが大切です。

まとめ

最近の夏は、酷暑で猛暑で体にけっこう負担ですよね。
無理しないで、エクササイズしてください。

夏がだめなら、秋があります。
この名言(!?)はダイエットに成功しない人の言い訳になりがちですが、
最近の夏の暑さは別格です。

何と言っても健康が第一ですから^^

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする