牧志駅の龍潭で島唄ライブに酔いしれて沖縄料理と泡盛を満喫しました★

ゆいレールの牧志駅から徒歩3分くらいのところに、居酒屋『龍潭』があります。
宿泊が『ホテルロイヤルオリオン』でしたので、龍潭は目と鼻の先です。



ホテルロイヤルオリオンの正面玄関を右手に出ると、50メートルも歩かないところに龍潭があります。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

龍潭の昼間の外観にはちょっと引いたけど・・・

ホテルロイヤルオリオン側からの外観

明るいときの正面

何にも調べずに行ったので、明るいときに見た龍潭は正直「大丈夫か、ここ?」
と、思ってしまいました。
でも、美味しそうなメニューが書き連ねてありました。

それなりにゴージャスに変身!

チラガーやステーキに誘われて、入ってみました。

宿泊先のホテルロイヤルオリオンに近いこともあり、また、美味しそうなメニューが「おいでおいで」と呼んでいたので、龍潭に決定★

龍潭の店内は?

龍潭に行ったら、ぜひぜひ島唄ライブを楽しみましょうね♪
チャージ料は大人だけ300円かかりますが(子供無料)、値打ちはそれ以上ですよ。

落ち着く雰囲気です。

龍潭の夜の外観は、それなりに派手ですが、店内はシックな装いですよ^^

龍潭での料理の数々

おすすめメニュー表

もちろん、通常メニューも豊富です。

何はともあれ、オリオンビールで乾杯★

おすすめメニューからアグー(豚)の唐揚げとチラガーのニンニク炒めを頼みました。

アグーの唐揚げ

アグーの唐揚げは初めて食べましたが、旨味が凝縮されていました。
鶏の唐揚げも美味しいのですが、アグー豚の唐揚げは豚の旨味を存分に楽しめるお味ですよ。

チラガーのニンニク炒め

娘が「チラガーって何?」と聞いてきたので、「豚の顔!」と答えたらドン引きされました(^^;)

オリオンビールを2杯飲んでから、もちろん泡盛に切り替えます。


泡盛のがぶ飲みは危険ですねぇ・・
次の日の午前中いっぱい、飲み過ぎの後遺症が・・単なる二日酔いですが(^^;)

ハブ酒も魅力的だったのですが、勇気がありませんでした。

龍潭に入ってすぐのところにあります。

ハブちゃん、ちょっと可哀想でした。
信州辺りに旅行に行くと、よくマムシ酒も置いてありますが、
そっちもまだ飲んだことありません。
やっぱり、ヘビは見るだけでも苦手なもので。

通常メニューも沖縄らしいものばかりです。

豆腐ようは泡盛によく合います。実に美味かった★

龍潭豆腐ようは沖縄でかなり定評のある豆腐ようらしいです。
全然知りませんでした。

刺身三点盛り・食べかけですが。

海ブドウ

海ブドウは娘の大好物です。
食感にはまっているようです。
ほとんど一人でたいらげました。

ミミガー美味し!

ソーミンチャンプルー

ソーミンチャンプルーを家で作ったことが何回かありますが、
どうしても団子状態になるんですよね。
やはり本場沖縄のソーミンチャンプルーは時間が経っても、ばらけて食べやすかったです。

島らっきょう

海人サラダ

島唄ライブの様子は・・

2人の眼差しの先には・・


ジャーン! 島唄ライブです。
龍潭に行って島唄ライブを楽しむときは座敷がおすすめですよ。
イッパイでも座敷の周りにはテーブル席があるのでご安心を★

こちらの方は『ミキティ&ぐっしー』というグループです。
私は3部を堪能しました。それだけ、しっぽりと居座っていました。
リクエストにも応えてくれるので、けっこうポピュラーな歌も効くことができますよ。

ただ、いつも『ミキティ&ぐっしー』が島唄ライブをするのかは聞き忘れました。
別の方がいたらm(__)m

↓ ↓ ↓『ミキティ&ぐっしー』は記念写真にも応じてくれましたよ。優しいお兄さんとお姉さん↓ ↓ ↓

さいごに

『龍潭』は国際通りの端にあるので、そんなに混みこみにはなりません。
まったりとゆったりと楽しく過ごせますよ。

島唄ライブで沖縄情緒を楽しみながら、ゆっくりと泡盛を傾ける。
そして美味しい沖縄料理に舌鼓を打つ。

やっぱり「旅に出たらこうでなくっちゃ」という時間を満喫できます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする