口だけのイクメンパパよりもママが手伝って欲しいこと5つをしてね★

家事と育児はママの仕事・・
そんな時代は、ずっと昔に終わりました。

今はパパも積極的に育児に参加する時代です。

ですが、手伝ってるのにママがなんか不満そう…
そんなことってありませんか?

実はそれ、どこかズレていたり、何かが足りないから。

自分ではイクメンであると思っていても、
ママは「偽イクメン」と思っているかもしれませんよ!?

ここではママの本音
ママが手伝ってほしいと思っていることを5つ
紹介してみます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

イクメンだとうそぶく前に、自分のことは自分でしろ!

育児や家事を手伝ってもらえるのはとっても助かります。

しかし、子供のことや家事を手伝う前に自分のことは?

ついつい自分でできることでも
奥さんに頼ってしまっているパパは
多いのではないでしょうか?
私、あなたのママじゃないんだけど…
そう思っているママは結構います。

私もその一人です。

我が家のパパは、食事時にはテーブルの前に座り
箸すら取りに行きませんでした。

子供にご飯を食べさせてる最中なのに
「おかわり」!?
キッチンはすぐそこだろう?

それ、自分でできないの?
いつもそう返していたものです。

朝の出勤前に、着替えが見当たらないと
ろくに探しもせずに、「どこ?持ってきて」
がお決まりで、「タンスの中に入ってんじゃん!」
ってことがいまだに多々あります。

朝は主婦にとって忙しい時間帯です。
そんな時に、パパのことまでとなると
ママのイライラはMAXに達します。

思い当たる節のあるパパは、
まず、自分のことは自分でする努力をしてください

子供のお世話をするイクメンを気取るなら最初から最後まできちんと

家事をしている間、子供を見ていてくれるだけでママは大助かりです。

でも、ちょっと待って!

「ママ、オムツとってー」
「ママ、ミルク作ってー」

そう、ママの作業を
中断させてしまってはいませんか?

これも実はママはイラっとしてしまいます。

ママの助けになっているつもりでも、
実は邪魔する結果になってしまっているのです。

最初から最後までやって、初めて「やった」ことになります。
その他、意外に多いのが子供の遊び相手をしているだけで
自分は「イクメン」であると勘違いしているパパ!

もちろん、
パパが子供と積極的に遊んでくれることはうれしいですが
遊ぶことと「お世話」は全く別です。

楽しいことだけでなく、面倒なこともやってほしいというのがママの本音ですよ!

ママがパパに手伝って欲しいこと5つ【口だけイクメンはいいから!】

では、ママは実際どんなことをパパに手伝ってほしいと思っているのでしょう?

ゴミ出し

ちょっとそこまでゴミ出し…
と言っても
小さな子供を家に置いて出るわけにはいきません。

かといって、連れて出るのも一苦労です。
朝、出勤する時にゴミを出してくれると
ママはとても助かります。
我が家は、ゴミ出しはパパの仕事です。

何も言わずとも
ゴミ出しの日は、家中のゴミ箱からゴミを集め
必ず出してくれるので助かっています。

子供の入浴

「お風呂くらいゆっくり入りたい」
そう思っているママは多いです。
子供を一人でお風呂に入れる作業は
とても大変!

子供が湯冷めしてしまわないよう
ママは裸で家の中を動き回ることもあります。

仕事で遅い日は仕方ありませんが
早く帰宅できた日や、休みの日くらいは
パパが入れてあげてはいかがでしょう?

食器洗い

ママは毎日、育児の合間に
おいしいご飯を作ってくれていますよね。

食事の支度から、食器の後片付けまでとなると
結構な時間を費やします。

子供によって中断させられてしまうことも多いため
何も言わず、食器を洗ってくれると
ママはとても喜びます。

買い出し

子供を連れての買い物はとても大変です。

仕事帰りにオムツや
ティッシュ・トイレットペーパーなどの
大きなものを買ってきてくれるととても助かります。

そのついでに、たまには「いつもご苦労様」と
ちょっとしたスイーツなどを
プレゼントしてみてはいかがでしょう?

子供の寝かしつけ

ママは子供が寝てからも
やらなければならないことが沢山あります。

それを考えると、子供がなかなか寝てくれないことに
イライラしてしまうもの…

子供の寝かしつけはママにとって
とてもストレスになることが多いんです。

パパが寝かしつけをしてくれることで
ママは心に余裕が持てるようになります。

さいごに

いかがですか?このほかにも
手伝ってもらえると助かることはたくさんあります。

手伝ってほしいことの中に
あえて、オムツ替えとミルクを入れていません。

それは、赤ちゃんにとって必ず必要なオムツ替えやミルクは
手伝うものではなく、
パパもやって当たり前だと私は思っているからです。

子供の入浴や寝かしつけというのは、パパは仕事上できない時もありますが、
オムツ替えやミルクというのは、時間はそんなに関係ありません。

おなかの中で赤ちゃんを育てることや
出産はママにしかできません。

しかし、育児や家事はパパにもすることができます。

どんなことをすればいいんだろう?
と悩むことも多いかもしれませんが
パパにできることは結構あるんですよ!

ぜひ、ママを労わって、本当のイクメンパパを目指してくださいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする