石垣島を子連れで観光した旅行記!最終日は川平湾でグラスボートだよ★

石垣島の2泊3日って本当に短いです。
娘は、『石垣島に住みたいなぁ』なんてつぶやいていました。

しかし、それは叶わぬ夢です。
現実に逆らわずに、観光に徹してこの旅を実りある形で終えなければなりません。

石垣島子連れ観光の2日目はこれでもか、と詰め込んで周りました☆

石垣島に行ったらわかりました。
何ら、私の住んでいる京都府南部と違わないってことが。
アッ、生活形態ですよ(^^;)

そりゃ、観光名所については雲泥の差です。
というより、京都府南部には人を呼べる観光…
は、ほぼゼロと言ってもいいくらいですから。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

石垣島を楽しく目いっぱい観光するための方法

石垣島ではレンタカーが必要です!

石垣島はレンタカー要りますよ。

西表島はツアーで行くならバスで移動するので要りませんが、
子連れの家族旅行なら絶対に必要です。

波照間と小浜島も家族旅行で自由に周りたいならレンタカーは必要です。
竹富島と黒島はレンタサイクルで十分ですが。

お酒飲まないドライバーがいるならレンタカーで星空観賞もできますし^^
我が家も星空観賞に行きたかったのですが、断念しました。
私も妻もお酒飲みたいので(^^;)

石垣島のビーチに遊びに行く計画をしているときも、
もちろんレンタカーは必要になります。
ホテルでそんな送迎しているところはないはずですから。

ま、フサキリゾートヴィレッジに宿泊するのなら
フサキビーチが目の前に広がっているのですが、
滞在中に海に浸かってばかりというわけにもいかないので
やっぱりレンタカーは必要ですね。


初めて石垣島に行くなら竹富島は1日目に行っておきましょう

初めて石垣島に行くのなら、竹富島を外さないように★
石垣島から船に乗って15分ほどで行けますから。

石垣港離島ターミナル周辺のホテルを予約したときの参考ルートですが…

1日目に竹富島に行き、小さい島ですから、半日もあれば十分に周れます。
それから川平湾に行けばいいと思います。

川平湾は潮流が速いし、ハブクラゲがいますので遊泳禁止ですが、海の色は格別綺麗です♪
アトはホテルへの帰り道で、絶景の夕日スポット『御神崎灯台』へ。

プランを考えるのが面倒くさいときの石垣島観光!

レンタカーを借りると、やっぱり旅行計画を立てる必要がありますね。

でも、ガイドブックを見てもどこが良いのかさっぱりわからない、
そう、ガイドブックって案外情報が不足しているんです。

そんなときは自分で考える必要のないツアーを利用するのも一つの方法です。
自由度はレンタカーよりも劣りますが、観光名所を網羅してあるので、
石垣島を満喫できるのは間違いないです。

石垣島観光バスツアーの一覧

石垣島半日ツアー特集

石垣島を拠点にした離島観光ツアー

「石垣島タウンガイド」なら、どのガイドブックよりも詳しい

書店で石垣島のガイドブックを選んでも、どれがいいのか迷ってしまいます。
そんなときは石垣島初のフリー情報誌「石垣島タウンガイド」を取り寄せましょう。

地元から発信される情報誌です。間違いのない新鮮な情報だらけですよ。
無料ですが、送料(¥236)のみ配達人(郵便局員)に渡せばいいんです。
「石垣島タウンガイド」で石垣島の生情報を手に入れる☆

さいごに

石垣島に行くと、他の離島も全部制覇してみたくなるはずです。
あのDr.コトーの島、日本最西端の島『与那国島』にも行ってみたいですよね^^

では、まずは石垣島を観光拠点にして八重山の旅を楽しんでください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする