秋口からのお手入れで冬の肌荒れも防止!季節の変わり目こそ肌を守る★

9月になると、それまでの酷暑が嘘のように
朝晩の空気が冷んやりと感じられるようになりますね♪

日差しもやわらかく感じられるようになり、
過ごしやすい爽やかな季節が
ようやくやってきたように思います。

でも、秋風が吹くようになると、気になるのが肌荒れです。

夏に浴びた太陽の光や、猛暑による体全体の疲れが原因となって、
肌の調子が悪くなることが多々あります。

まだまだ保湿対策は先だと思うのは大間違いなんです。
夏の日焼けのせいでお肌は乾燥しやすくなっています。

冬になると本格的に肌荒れシーズンがやってきます。
秋口からできる肌荒れ防止対策を実践しませんか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

秋口はまだ暑いから保湿クリームは塗りたくない!?

保湿クリームを塗るほどの肌荒れではない、
秋も紫外線対策をしないといけないので重ね塗りはしたくない、
べたつく保湿クリームは塗りたくない、
などと、9月や10月は実際にどう保湿をすればいいのかわかりにくいものです。

ドラッグストアにも、冬にはたくさん保湿クリームが並んでいますが、
秋口はそこまでたくさんの種類が並んでいるわけではありません。

そんな時におすすめなのが、化粧水を使った保湿です。

化粧水といっても、高級な化粧品ではなく、
リーズナブルなもので十分な効果があります。

夏用の化粧水が余っていたら、
それを使用されてもいいと思います。

新しく買い求められるのであれば、
少し保湿度の高い化粧水を選びます。

さっぱりではなくて、とろりとした感じの化粧水です。

大切なのは、価格です。
安くてたくさん使えることがポイントになります。

荒れやすい部分は人によって違いますので、
自分はここだ、というところには
毎日、朝と夜につけるようにします。

少しめんどうですが、
この2回の保湿が冬の本格的肌荒れの悩みを軽減してくれるので、
おすすめです。

この方法を応用して、
少し寒くなってきて、保湿クリームを塗るときも、
まず化粧水を先につけてからクリームを塗ります。

そうすることで、クリームの浸透が早くなるんですよ。

かかとのお手入れも秋口が肝心

かかと、気になりますよね。

夏はサンダルなど履くために結構気を遣うのですが、
靴を履く季節になると、あまり気にしなくなる部分ではあります。

ですが、かかとは冬にひび割れたり、固くなったりする部分です。

しかも一度ひび割れたり、固くなったりすると、
多少のお手入れではなかなか治りません。

かかとこそ、秋口に、
きちんとお手入れすることをおすすめします。

かかとも、化粧水が活躍してくれます。
まずは、化粧水をつけてから保湿クリームを塗ります。

この保湿クリームは、冬につけるような保湿クリームです。

まだハンドクリームぐらいしか店頭に並んでいない場合は、
ハンドクリームでも大丈夫です。できたら、毎日お手入れします。

これをするのとしないのとでは、
冬のかかとはまったく違います。

一日の終わりに、リラックス効果もあるので
いい香りのするクリームを塗るのもおすすめです。

冬でもきれいなかかとだと気分がいいものです♪

秋口に、夏の石鹸から冬の石鹸に替えましょう

意外に忘れがちなのが、体を洗う石鹸についてです。

夏は、石鹸もボディシャンプーも
さっぱりとする効果のあるものを使用していることが
多いですよね。

まだ使いきれていない場合は、なるべく早めに使いきって、
冬のために、
少し保湿効果のある石鹸やボディシャンプーに替えてみてください。

入浴剤も同じですよ。

肌荒れ防止のための肌に良い食べ物はかぼちゃ★

保湿効果の高い食材を積極的に食べることも大切です。

秋口にはスーパーや産直市場でかぼちゃが積まれていますよね。
肌荒れには旬のかぼちゃに含まれているβカロテンが特に良いんです。

おみそしるに入れたり、
だしで煮たりするだけでじゅうぶんに美味しい野菜です。

もっと手軽に食べたいときは、電子レンジを使います。
つぶしてマヨネーズと胡麻で和えると、
和風のパンプキンサラダになります。

余ったら、丸めてコロッケにします。
小さく丸めてコロッケにしたら、お弁当の具にぴったりです。

秋口にはいつもの野菜のトマトの食べ方も変えてみる

トマトは年中食べたい野菜ですが、体を冷やす野菜です。
秋口には加熱して食べるのがおすすめです。

実は、トマトは、おみそしるに入れてもおいしいです。
意外かもしれませんが、とても合います。おすすめです。

葉物の野菜が高い時は、
人参やたまねぎなどの根菜類を細かく刻んで、
トマトの刻んだものを加えてスープにします。

余ったら、カレールーを入れてカレーにします。
肉類を入れたい時は、フライパンで炒めてから合わせます。

ルーには肉を入れずに野菜カレーにするときは、
ハンバーグやツナなどを添えるとボリュームが出ます。

まとめ

最近の夏は酷暑が続きますよね。
体調や肌の調子を崩されていませんか?

秋口で少し涼しくなってきたら、
体もお肌もお休みさせてあげるような気持ちで
お手入れをしてみてください。

冬の本格的な肌荒れに大切なのは秋口の予防です

秋口はさっぱりとした化粧水で保湿し、もう少し涼しくなってきたら
そこに保湿クリームをプラスしてみてください。

肌にいいと言われている食べ物を
少しでも取り入れることも忘れずに。

少しずつ、夏から秋へとシフトチェンジをしていきましょうね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする