高島で水の文化を残す針江のかばたは日本の原風景を再発見できます★

水がきれいな観光地は日本中にたくさんありますよね。
普通、風光明媚な景色が楽しめるところは水もきれいですね。

単に「水がきれい」と表現すると、「川の流れが澄んでいる、底の石が見えるほどの透明度」
という意味合いで使われることがほとんどです。

でも、水がきれいなあまり、その水を生活に取り入れている、
例えば、野菜冷やしたり洗ったり、と生活空間にいつも流れる水がある
というところは全国でも数えるほどではないでしょうか?

井戸水でスイカを冷やす、という単発ものではなく、
24時間きれいな水を生活に利用するんです。
コンコンと絶え間なく出る湧水があってのことですが。

私は岐阜の郡上八幡によく出かけるのですが
郡上八幡に「水舟」という水利用のシステムがあります。
「水舟」とは? こちらをどうぞ。

関西にも、滋賀県の高島市に同じような水利用のシステムがあるんです。
これは驚きでした。
きれいな水を生活に取り入れるシステムが本当に似かよっているんです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

針江生水の郷(はりえしょうずのさと)の「かばた」は貴重な水の文化

「かばた」という水利用のシステム

滋賀県高島市新旭町針江という小さな静かな集落には
日本でも珍しい水の文化があります

比良山系に降った雪、雨が伏流水となり、
各家庭から非常に綺麗な水がコンコンと湧き出るんです。
針江では湧き出す水のことを生水(しょうず)と呼んでいます。

針江の人々はこの自噴する清らかな水を飲料や炊事といった日常生活に利用しています。
このシステムを針江では川端(かばた)と呼びます。

「かばた」はルールを守って見学しましょうね。

「かばた」は各家庭の台所として今も利用されています。
もちろん、私有地ですので勝手に敷地に入って見学をすると、
針江の方々にかなりの迷惑となりますよね。

そんなときはガイド付き見学を利用しましょうね。

「かばた」のガイド付き見学

  • プライベートエリアの「かばた」も見学できます。
  • 町の歴史なども聞きながら、実際に水を味わうこともできます。
  • 前日までの予約が必要。

見学のご案内 針江生水の郷 公式ウェブサイト

「かばた」見学には電車で行くか、車で行くか?

電車で行くのなら、JR京都駅から湖西線に乗りJR新旭駅下車です。
約1時間の乗車時間です。JR新旭駅から針江生水の郷までは徒歩16分ほどです。

車で行くとしたら、駐車場の選択は必至です。
もちろん、針江生水の郷には大規模駐車場なんかありませんから
JR新旭駅周辺に停めることになります。

新旭駅周辺には駐車場が4カ所ほどあります。
しかし、JRを利用するのと車で行くのとでは、
京都から新旭までの所要時間にそれほどの差はありません。
というより、JRの方が10分~15分ほど早いんですよ。

ですので、JR利用がおすすめですよ。
渋滞とは無縁ですし、駐車場が満車で右往左往することもありませんし。
帰りの(夕方の)湖西道路の渋滞ってハンパありませんから。
全く動かないこともあるんですよ。

針江生水の郷で「かばた」を見学したら、地元の美味しいものに舌鼓

「喫茶 古良慕(こらぼ)」昔懐かしい和の空間でヘルシーランチ


針江生水の郷から徒歩約13分です。

祇園で割烹料理を営んでいた店主が作る料理は、
味も繊細で見た目も鮮やかです。
おこげが残るかまど炊きご飯もふっくらとして美味しいんです。

約150年前に使用されていたスギやヒノキの床板をはじめ、
店内ではさまざまな時代の古材が使われているんですよ。

懐かしい木のぬくもりを感じながら、のんびりとした
時間が過ごせます。

「川島酒造」名水で作る本物の日本酒を堪能


「喫茶 古良慕」から徒歩で約11分です。

1865年の創業です。明治からの操業なんですね。
恵まれた自然の中で、体に優しい日本酒を造り続けている
酒蔵です。

レトロな店の中には、針江の名水地元の契約農家で作る良質の山田錦
を使用した地酒がたくさん並びます。
酒蔵見学や試飲販売もされていますので、
やっぱりJRでの、のんびり旅がおすすめです。

2つ隣りの近江高島駅近くにスイーツの名店が!

川島酒造さんから徒歩約15分で新旭駅に戻ります。
JR近江高島駅まで電車で7分ほどです。

近江高島駅から徒歩5分ほどで「淡海堂(おうみどう)」に着きます。

滋賀県唯一の地元酢醸造場である「淡海酢有限会社」が運営しています。
ふわふわのロールケーキなど、濃厚な地卵やこだわりの地元食材を
ふんだんに使用したスイーツをはじめ、ジュース感覚で飲める
フルーツ酢など、体に優しい商品がたくさんです。

ぜひ、お土産にいかがでしょうか。

さいごに

超メジャーな観光地も捨てがたいのですが、
ひっそりとした集落なのに、ほっこり爽やかな風景
というのも、とても心癒されます。

時折り、無性にそんな日本の原風景に会いに行きたくなりませんか?

高島の針江生水の郷はそんな郷愁を誘う素敵なところです。
ぜひお出かけください。

せっかくですので、地元食材にも舌鼓を打ってきましょうね。

※こちらもぜひ参考にしてくださいね。
Check↓ ↓ ↓
関西をホッコリ楽しむプチ旅の特集です。日帰りで楽しめますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする