丹波篠山の日帰りぶらり旅行でグルメもお土産も楽しむおすすめコース★

丹波篠山と言えば、ボタン鍋・松茸・黒豆がとくに有名ですが、
魅力はそれだけじゃないんですよ。

ぶらり旅でそぞろ歩きを楽しめば、まるで映画のセットのような
日本の伝統的建築美に感動できるんです。

白壁や千本格子が美しい、昔ながらの街並みを歩けば、
のどかな城下町へのタイムトリップを味わえます。

往時の姿を今に伝える商家群が残り、日本情緒あふれる城下町の丹波篠山ですが、
歴史散策だけではちょっと物足りないかも。
もちろん、スイーツ丹波篠山牛などの極上グルメも存分に味わいましょう♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

丹波篠山へは車で行くか、電車にするか?

どちらでもお好みでいいと思いますが、渋滞と駐車場の
心配のない電車に軍配が上がるかもしれませんね。

車で行くなら、いちばんの心配は駐車場です。

おすすめはJR篠山口駅近くの駐車場に停めることです。
意外と穴場なんですよ。

もちろん、車ですから篠山城の近くまで行って
観光するという方法が常套手段でしょうが、
渋滞したり、満車だったりしたら悲惨ですよね。
駐車場を探すだけでタイムロスが生じます。

イチオシは『篠山口駅西公営駐車場』です。
155台収容で料金は1日300円ですよ。

※⇒念のため『篠山口駅周辺の駐車場』情報をご覧ください。

さて、無事に駐車場に車を停めることができたら、
篠山口駅からでしたらバスで観光スポットに行くことになります。

篠山口駅から神姫バス「笹山営業所行」に乗り、
本篠山バス停で下りるルートを以下でご紹介します。
篠山口駅 ⇒ 本篠山 バス時刻表

電車の旅でしたらJR福知山線に乗り「篠山口駅」で下車です。

優雅な外見の「特急こうのとり」もお勧めです。
もちろん、「篠山口駅」に停まりますよ。
大阪駅からでしたら、「特急こうのとり」に乗れば、車より断然早く着きますね。

バス路線については、上述の車編の説明のとおりです。
バスの本数は少なく感じるかもしれませんが、
そこはぶらり旅で、ストレスを感じない程度の本数は出ています。

さぁ、ぶらりと丹波篠山巡りの始まりです。

河原町妻入商家群(かわらまちつまいりしょうかぐん)は神姫バスの🚏本篠山からすぐです。

「河原町妻入商家群」は、江戸時代をしのぶ古い商家が並ぶ町です。

篠山城築城のため城下町を整備するときに、
京都への玄関口にあたる場所として、
いちばん最初に着手されたのが河原町です。

千本格子やそで壁、うだつなど、築城当時の姿を今に残す建物が多く、
まるで江戸時代にタイムスリップしたような雰囲気に浸れますよ。

昔ながらの古物商や書店などのほか、カフェや雑貨店など
古民家を利用した新しいお店も点在します。

「河原町妻入商家群」の入り口近くにある、おみやげ処森本は
地元の特産物を使った加工品などを販売するお土産屋さんです。

人気なのは丹波黒大豆を使用した森本オリジナルの黒豆茶です。
香り豊かでノンカフェイン、大豆の栄養素はもちろん、
黒い皮にはアントシアニンも含まれていて、とてもヘルシー♪
篠山で超有名な小西の黒豆パンも販売されています。

「特産館ささやま」で丹波篠山牛を味わう

「特産館ささやま」はJA丹波ささやまの直営ショップです。

レストランでは野菜を始めとする篠山の豊富な食材を
ステーキや定食、丼とさまざまなスタイルで味わえますよ。
直販所には栗や黒豆、大納言小豆などの特産加工品がそろいます。

ボタン鍋もおススメなんですが…
綺麗な水、昼夜の大きな寒暖差と飼育に最適な
盆地特有の環境で育った丹波篠山牛が絶品です。
霜降りの脂が柔らかくて甘みもたっぷり♪
自家製味噌や岩塩などお好みでご賞味あれ。

丹波篠山牛ステーキセット

丹波篠山の山の芋をつなぎに使った蕎麦の上に
滋養に富んだ粘りの強いとろろを盛った「そばとろ」!
おやつにも最適ですね。温・冷2種類から選べます。

篠山城主青山家に伝わる家紋の「無紋銭(むもんせん)」を模した器に旬の食材を詰め込んだ無紋銭弁当もおススメなんです。

ぜひ篠山名物をお土産に持ち帰りましょう。
・いちばんの大粒種で、甘くて美味しい丹波篠山の黒豆。
・篠山産大納言を使った「きんつば」

「篠山城 大書院」は篠山城の歴史も学べる壮麗な書院です。

一大名の書院としては破格の規模と、古代の建築様式を備え、
現存する同様の建物の中では「京都二条城の二の丸御殿遠侍」に匹敵します。

館内には当時の姿が正確に復元された大書院のほか、
篠山の歴史的資料の展示室などもあります。

美しい石垣の篠山城は、徳川家康が築城の名手「藤堂高虎」に命じ、
わずか6カ月で築かせたと言われています。
他国との戦いに備えた見事な城郭を誇っています。

※篠山城 大書院
・9:00~17:00
・月曜定休日
・入館料400円

篠山ギャラリーKITA’S

プロダクトデザイナーの『喜多俊之氏』が40年にわたり取り組んできた、
伝統産業を支える職人とのコラボ作品を展示・販売しています。

食器や照明、家具など、日常使いできるものが多いんです。
また、洗練されたデザインは見ているだけでも楽しいです。

・11:00~17:00
・営業は、土日祝日のみなのでご注意を!

さいごに

篠山の魅力をたっぷりと味わうと、けっこう時間かかります。
疲れるでしょうから、帰りが電車だとしてもちょっとしんどいですよね。
ましてや車で帰るとなると、道中に不安要素がたくさんあります。

そんなことが心配だったり、篠山にどっぷりと浸かりたいなら
いっそのこと、篠山で泊まってしまいましょう♪

翌日は、舞鶴や小浜で海を見るのも楽しいですよ。
城下町から一転、海の見える風景になるわけです。
それとも城下町の余韻に浸って、出石で皿そばを味わうなんてのも乙ですね。
丹波篠山の小粋なお泊りどころ [楽天]

楽しいプチ旅になりますように^^

※こちらもぜひ参考にしてくださいね。
Check↓ ↓ ↓
関西をホッコリ楽しむプチ旅の特集です。日帰りで楽しめますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする