七夕にはそうめんかちらし寿司か?おかずの取り合わせベストは何?

七夕と言えば七夕伝説が有名なんですが、最近耳にしたことでビックリしたことがあります。
特別に七夕に食べるものが決まっているのだとか・・七夕にですよ!

端午の節句のかしわ餅とか十五夜のお月見団子ならわかりますけど。
またコンビニが全国的に流行らせたらしい、節分の恵方巻き(ただの巻き寿司ですね)もありますが。

生まれが新潟で、現在京都府在住ですが、七夕に特別に食べるものがあるとは知りませんでした。

七夕に特別に食べるものの代表格としてはそうめんとちらし寿司があるようです。
そうめんって夏向きですから七夕にはちょうどいいですよね。
ちらし寿司もハレの日の食べ物としては定着しているので、まっいいかって感じです。
ひな祭りにもちらし寿司食べる風習ありますし。

そんな、そうめんとちらし寿司にスポットをちょっとだけ当てたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

七夕にそうめんを食べることに云われはあるのか?

これがねぇ、あるんですよ。
似ても似つかないものなんですが。

中国伝来の食べ物からそうめんに変化したと言われています。
七夕にそうめんを食べる地域があります

そうめんに似ても似つかないものとは…お菓子なんですよね。
中国の索餅(さくべい)というお菓子が伝来して、そうめんまで変化した。
いやはや、すごい創作力です。

とりあえず、七夕にそうめんを食べることには歴史的な意味合いがあります。
中国では七夕に索餅(さくべい)というお菓子を食べる風習があったのですから。

歴史の裏付けがあると強いですよね。
でも、だからと言って、七夕にそうめん食べないと罰が当たるとかそんな問題ではないんですけどね。
古くて、現代に当てはめても不都合ないから流行っているだけでしょ!なんて言ったらそれこそ罰当たりですが(^^;)

七夕にちらし寿司を食べることに云われはあるの?

こちらについては、全く伝承はありません。

中国からちらし寿司が伝来したとか、邪馬台国でちらし寿司が食べられていたとか、そんなこと全然ありません。

ま、七夕といえば、一応日本人が好む記念日でありイベントなわけです。
ですから、そんな大切な日に何か美味しいものを食べないと、という意識がどこかに働いたんでしょうね。

恵方巻きみたいにコンビニが流行らせたのなら、七夕にはスーパーやコンビニに、ちらし寿司が山のように積まれているでしょうけど、そんなことはないですね。

ですので、どこかの地域で流行っていたかもしれない美味しい風習が徐々に伝わったのかもしれません。本当に、七夕にちらし寿司を食べる慣習には根拠も何もないようですよ。

そうめんに合うおかずの数々をご紹介!

そうめんは確かに美味しいです。
七夕の時期の蒸し暑くて食欲がないときにはピッタリです。
たとえ、女性でも3把(わ)くらいペロリでしょ^^

でも、さすがにそれだけじゃ栄養価はむちゃくちゃです。炭水化物だけですから。
暑い時こそ、体にいいものを一緒に食べましょうね。

ちらし寿司に合うおかずって何かな

ちらし寿司なら、それだけで栄養満点ですが、ちょっともう2品くらいほしいですね。

さいごに

七夕はたしかにおめでたい日ですね。

1年に1回だけ織姫と彦星が出会えるんですから^^
じゃ、そのおめでたい日におうちでごちそう作ってお祝いしましょうね。

何かの記念日にかこつけて、美味しい食べられるなんて本当に幸せですよね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする