車山の登山を楽しんで頂上から富士山をくっきりと見ることができた♪

車山は、白樺湖周辺のスキー場では最大の規模を誇ります。
ただ、残念なのは、家族連れや初めてスキーやスノボを楽しむには向いていないことです。

コースのほとんどが中級者以上のコースだからです。
なので、腕に自信のある方なら存分に楽しむことができます。

じゃあ、他に楽しみ方がないのか?
そんなことはありません。
リフトを乗り継いで、1925mの頂上に立つことができるんです。

リフトで頂上を目指せるのは4月下旬ころから11月上旬までです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

車山で登山をする羽目になりました!

リフトで車山の頂上を目指すには、乗り継ぐ必要があります。
中腹まで行ってから、頂上行きのリフトに乗るんです。

受付で言われました。
「頂上は20mの風が吹いているので、いつ運行再開するのかわかりません。」
「え~!」

せっかく来たので、中腹まででもいいから行ってみることにしました。

中腹で係の方に聞いてみると、
「アト、30分くらいで運行再開できる予定です」

悩みました。中腹から頂上までは40分くらいですから。
でも、いくら整備されているからといって、
40分登り続けることができるだろうか?

かなり悩んだのですが、結局、妻はリフトの運行再開待ち、
私と娘は歩いて登ることにしました。
妻は極端に登りに弱いからです(^^;)

中腹にある道しるべ

中腹のカフェです。ご飯も食べられますし、トイレはここが最終です。

学生時代に山岳部にいましたので、小2の娘はおんぶしても登れる…
なんて、高をくくっていたのですが、ダメでした。
ウォーキングは毎日しているのですが、心肺機能が付いていきません。

娘に「しんどくないか?ちょっと休憩しよう。」
なんて言葉をかけながら、あえいで何とか完登しました。
小2といっても、子どもの体力って侮れませんね。

いつの間にか、親の体力を超える体力を付けていた我が子が頼もしく思えました。
もっとも、かなりの段差のところでは後ろから脇を抱えて持ち上げたのですが。
それが、かなりしんどかったです。年取ったなぁ…

けっこう延々と続きます。40分ほどですが。

小2なのに、とても頼もしかった!

「休憩しないとしんどくなるよ」なんて言いながら、親がバテバテでした。


私と娘が懸命に登って数分後、運行再開したリフトに乗って妻がやってきました。
妻をリフトに乗せて良かった!
絶対に完登できないはずですから(^^;)

山頂の看板からちょっと離れたところにある2等三角点です。

ワンちゃんも登れます。この子は1歳でした。元気だなぁ!

車山頂上からの霧ヶ峰

帰りは家族3人でリフトに乗って降りました。
ちなみにリフトは4人乗りです。

白樺湖のすぐ近くに乗馬体験できる場所がありました。

旅行に行く前、妻が
『馬に乗れるところあったら予約しといて!』

そう、何でもかんでもやらされています。

あったんです。白樺湖のすぐ近くで乗馬体験できるところが。

ホープ・ロッヂ乗馬牧場です。
ここは宿泊施設も完備されていて、
私たちみたいに引馬体験じゃなくて、
初心者さんが乗馬レッスンを受けるのがメインみたいです。

もちろん駐車場もけっこうありますよ。
7,8台は停められますから。


娘は開田高原で木曽馬に乗ったことはありますが、大きな馬は初めてでした。
ちなみにこのお馬さんは「クォーターホース」という種類です。
サラブレッドじゃないんですって。

最初はこわごわだった娘ですが、規定の、馬場を3周したアトは
「もう一度乗りたい」と言っていました。

馬の大きさがわかりますよね。

お馬さんの目って本当に可愛いですね。

後ろに見えているのが、ホープ・ロッヂ乗馬牧場の宿泊設備です。

※引馬体験は馬場3周で1,000円です。

さいごに

白樺湖周辺ってホントに観光スポットに事欠きません。

冬シーズンはスキーやスノボがメインとなりますが、
冬が来る前ならいろいろとアクティブなことが楽しめますよ。

ぜひ、白樺湖のファンになってくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする