中山道赤坂宿まつりの駐車場ならここがおすすめアクセスもここから★

江戸時代末期、皇女和宮が徳川第14代将軍家茂のもとへ降嫁される際、
総勢7,800余名の大行列で中山道を通りました。

中山道赤坂宿まつりでは、皇女和宮行列を中心に歴代将軍に嫁いだ3人の姫宮行列が再現されます。

皇女和宮と姫宮行列以外にも、
お楽しみ抽選会や各種イベント、
餅まきや風船・花の苗のプレゼントなど、
盛りだくさんの内容で大人から子どもまで楽しめるお祭りです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

赤坂宿まつりへの王道のアクセスとおすすめ駐車場

赤坂宿まつりで名神高速を利用する2パターン

どちらも「赤坂新田」の交差点を過ぎたら、十分注意してくださいね。
「赤坂新田」から駐車場はすぐですから。

名神高速⇒養老JCT⇒東海環状自動車道⇒大垣西インター⇒「桧交差点」を左折して「岐大バイパス」の名称の21号線に入る⇒900mほど走って「熊野」交差点を左折⇒70mほど走って「熊野町西」を右折⇒「赤坂新田」を直進
名神高速⇒関ヶ原IC⇒料金所を払ったら左方に進路を取り、道なりに合流して「薩摩カイコウズ街道」の名称の365号線に入る⇒150mほど走って「中町」交差点を右折し、県道56号線に入る⇒1.8kmほど走って「一ツ軒」交差点を過ぎ、「大高」交差点を右折し、関ヶ原バイパスに入る⇒1.5kmほど走って「野上北」交差点を左折し、県道53号線に入る(途中から216号線になる:なお216号線は途中で分岐しますが右方の直進の方を進みます)⇒8.8kmほど走って「赤坂新田」を左折

赤坂宿まつりのおすすめ駐車場はここ!

「赤坂新田」の交差点から400mほど直進すると、右手にまず「お食事処 中山道」「墓石の石安」と、順に見えます。
「墓石の石安」を越えてすぐに右方に道路がありますが、そこを越えて
次の十字路を左折すると、120台ほどが停められる駐車場が
3か所に分散しています。

グーグルマップと「赤坂宿まつりの駐車場マップ」を
よく見比べてくださいね。

赤坂宿まつりの駐車場マップ
※通行止め区間にはくれぐれも入り込まないように注意してください。

中山道赤坂宿まつりの概要

・毎年11月の第一日曜日
・9:30~16:00
※終わりが割と早いので帰宅時間は心配なさそうです。

・女性部や青年部のバザーもあるので軽食でしたら十分です。

詳細は公式サイトで確認をどうぞ

皇女和宮の思い出

View this post on Instagram

今日は地元#赤坂宿 の#中山道赤坂宿まつり でした🎎 ・ #皇女和宮 が#徳川家 #将軍家茂 へ降嫁した時に通ったって事で#皇女和宮行列 がメインのイベントって事らしいのですが、見るのは初めて(笑) ・ 行列は中々のものでしたが、何故か籠を引いてるが、普通のおっさん😅 ボカしましたが、せっかくの行列も台無しって気分になりました😨 ・ ・ その後#子供達 と#妻 と一緒に出し物を見て色々食べて回りましたが#縁日の屋台 って楽しいよね😆 ・ せっかくの#連休 を何処も連れて行けなかったので#連休最終日 に#家族 で一緒に楽しめて良かったです😆 ・ ・ ・ #Japan #Gifu #Ogaki #岐阜 #大垣 #赤坂町 #中山道祭り #中山道 #縁日 #family #wife #Children #Akasaka #Nakasendo #Festival

ナツ(na_tsu)さん(@na_tsu333560)がシェアした投稿 –

私にとっての和宮の思い出と言えば、何と言っても
大河ドラマの『篤姫』です^^

2008年に放映されました。
宮﨑あおいさんが篤姫の晩年まで演じられたのですから、
恐れ入りました。あの若さで、すごい演技力でしたから。

篤姫が嫁いだ徳川13代将軍家定を堺雅人さんが演じていたんですね。

和宮は、あの堀北真希さんでしたよね♪
凛とした中にも可愛さと華やかさがありました。

和宮は14代将軍家茂の妻(御台所)ですから、篤姫役の宮﨑あおいさんは
堀北真希さんのおしゅうとめさんになるんです。
若いお二人でしたのに、とんでもない設定でした。
でも、ほとんど違和感を感じませんでした。

恥ずかしながら、篤姫を見るまで、和宮が
孝明天皇の妹だとは知りませんでした。
歴史に疎いものですから。

大河ドラマだからでしょうか。
役者陣のそうそうたる顔ぶれに日曜の晩がいつも楽しみでした。

さいごに

和宮は幾多のドラマで登場していますよね。

和宮が何を思って、中山道を江戸へ向かったのか…
なんてことを思い巡らしながら赤坂宿まつりを観賞すると
また格別の感慨にふけることができるのではないでしょうか。

それぞれの和宮を思い描きながら、赤坂宿まつりを楽しんでください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする