秩父夜祭へ車で行くときの駐車場を確保する方法についてお伝えします🎇

秩父市の師走名物こそ、秩父神社の例大祭「秩父夜祭(ちちぶよまつり)」です。

秩父夜祭は、京都の祇園祭、飛騨高山祭と共に日本三大曳山祭の1つに数えられています。

江戸時代の寛文年間(1661~72)にはこの秩父夜祭が存在していたという記録があり、
300年余りの歴史があります。

京都の祇園祭や飛騨高山祭の超混雑ぶりと同様に
秩父夜祭の込み具合も相当なものです。

しかし、秩父夜祭の豪華絢爛さを思うと、混雑なんか何のそのですね。
そんな秩父夜祭に是非とも車で出かけたいときに
駐車場を確実に確保する方法をお伝えします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

秩父夜祭で駐車場を確保する方法はこれです!

秩父夜祭の情報については、「秩父観光協会」のサイトもヒットします。
でも、駐車場の管轄は秩父市の観光課なんです。

ですので、秩父観光協会で駐車場情報を尋ねても的確な情報を得られません。
そこで、秩父市の観光課に直接尋ねてみました。(もちろん、電話でですが。)

秩父市の観光課の方いわく、
「12月2日も3日も、午前中に到着すれば余裕をもって停められるはずです。
もちろん、近いところから順に埋まっていきます。
遅くなると会場からけっこう遠いところに停めることになります。

12月3日がメインですので、12月2日は比較的余裕があります。
ただ、12月3日の臨時駐車場が8カ所なのに対して2日は
2ヶ所しかないので気をつけてください。

もし、目当ての駐車場が満車であっても、駐車場ごとにいる係員が
空いている駐車場に案内します。」
とのことでした。

つまり、早めに来てねってことです。
秩父夜祭の来場者数は数十万人規模ですが、
電車で訪れる観客の方が圧倒的に多いんですね。

ですから12月2日も3日も、午前中に駐車場に到着したら
ゆったりと停められることになります。
ただ、花火が上がる頃に着くのは危ないですよ。
そんな遅くでは駐車場の空きは保証できません。

秩父夜祭12月2日は駐車場が2ヶ所だけ!?

こちらから臨時駐車場などの交通案内をご覧ください。
以前の交通案内図ですが、例年同じ駐車場が使われています。
右上の曜日は無視してください。秩父夜祭は12月2日と3日に固定されています。

上記交通案内図の左下に注目してください。
12月2日に開放されている臨時駐車場は「P1、P3」の2ヶ所だけです。

12月3日には全8カ所の臨時駐車場が開放されます。

秩父夜祭の概要とアクセス

秩父夜祭へのアクセス

会場は秩父神社周辺になります。

車で行く場合、あなたの自宅から秩父神社を目指して、
近くまで行ったら、上記の臨時駐車場の交通案内図を参照してください。

経路につきましてはナビタイムで検索したらすぐわかりますよ。
ナビタイムの自動車ルート検索

秩父夜祭の概要

・毎年12月2日と12月3日の2日間
・2日間とも夜の花火が圧巻です。
・何といってもこれ!⇒曳行・行事案内図
・なお、詳細な情報を求めるのなら秩父市の公式サイトにしましょう。
※秩父観光協会のサイトはごく一般的な説明だけになります。

秩父観光なび(秩父市公式サイトです)

秩父夜祭を堪能するときは防寒対策を万全に!

とにかく寒いです。
冷蔵庫より冷えるかもしれません。

ですので、ペラペラのウインドブレーカーでは役に立ちません。
ヒートテックの重ね着して、セーターやフリース、さらに
ダウンは最低必要ですよ。

着ぶくれしてちょうど良いくらいですから。
カイロも忘れずに持っていきましょうね。

さいごに

秩父夜祭を2日間とも堪能するのは大変です。

そこで、ハイライトの12月3日の大祭だけを存分に楽しむというのも一つの手です。
お仕事の事情が許せばお泊りした方が体は楽ですね。
強者なら2泊3日の旅行を楽しむのも素敵です。
秩父市近郊のお泊りどころ[楽天]

↓ ↓ ↓
『秩父夜祭』で検索すると、プランが選べます♪


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする