どんき祭りに駐車場はないけど紅ガラを塗られた子供は年中無病息災♪

愛知県豊川市の長松寺で、毎年12月第三日曜日に行われる『どんき祭り』^^
長松寺は街中のお寺でもあり、観光客専用の大規模駐車場はありません。

ですので、どんき祭りを堪能するためには、車ではなく電車利用となります。
ま、探してみれば、そんなに近くないところに有料駐車場は見つかります。
でも、土地勘もないし、確実に空いている保証はないような有料駐車場は危険ですよね。

県外からも多数の観光客が訪れる『どんき祭り』ですが、
子連れで行っても面白いですよ。
白狐さんや天狗さんが、子どもだけを狙って、顔に紅ガラ(食紅)を塗り付けるんです。

塗られた子供は1年中無病息災というご利益を得られるんです★
※大人には塗ってこないので、取りあえず安心です(^^;)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

どんき祭りに関する、観光客のためのQ&A

※豊川市産業部 商工観光課(☎0533-89-2140)のお話しも参考にしています。

どんき祭りは、いつ何時から?

□出発場所:豊川市御津町下佐脇字北浦17-1 長松寺から
□毎年12月第三日曜日
□例年、おおむね午後1時30分頃から午後5時頃まで
※ただし、白狐・赤天狗・青天狗が姿を現すのが
火防のご祈祷後ですから、きっちりと午後1時30分から始まるのではありません。
□白狐・赤天狗・青天狗が出てきたら、そのあとを歩いていくことになります。

どんき祭りのために長松寺付近に臨時駐車場は設置されるのか?

いいえ、専用駐車場も臨時駐車場もありません

どんき祭りで塗られる紅ガラって、すぐに落とせるの?

紅ガラの正体は、食紅を水で溶いたものです。
ですから口にちょっと入るくらいなら、害の心配はありません。
食紅なら厚労省も認めている食品添加物ですから。

ただ、簡単に落とせるかというと、ジャブジャブ洗える水場でもあれば、
目立たない程度にはなります。
そこで、子連れで『どんき祭り』見学に行くときにあったら便利なものは…

・無香料、ノンアルコールのウエットティッシュ1箱
(ポケット版では量が足りません。)
・念のため、濡らしたフェイスタオル2本ほど
・紅ガラが垂れても目立たない服装
(ここが一番大事かもしれません。帰りの電車で恥ずかしい思いをしないように。)

どんき祭りの実際はこんな感じ

※音が出るのでご注意ください。

どんき祭りの長松寺へのアクセス


JR東海道本線「愛知御津駅」下車 徒歩15分です。
それほど不便ではないんですよ。

どんき祭りは地元の人だけのお祭り!?

いえいえ、その奇祭ぶりから県外からもたくさんの人が訪れます。
高価なカメラを手にしたアマチュアカメラマンが多いのかもしれません。

さいごに

200年以上の歴史を誇る『どんき祭り』。

その奇祭ぶりから知名度を上げていますが、
子連れで行けば、お子さんにとってはインパクト強いですよね。

年の瀬の最高の思い出になるはずです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする