観音様のお身ぬぐいを那谷寺で見学したいけど駐車場の心配はないのか?

小松市の那谷寺(なたでら)では、毎年12月26日にご本尊『十一面千手観世音菩薩』の1年のほこりを払い、新年を迎える準備を整える行事が行われます。

那谷寺僧侶、檀家、御詠歌講会員が御詠歌を唱える中でお身ぬぐいが行われるんです。
毎年のようにテレビでちょっと放映される東大寺の大仏さんのお身拭いと同じように
師走の風情あふれる風物詩ですね。

そんな観音様のお身ぬぐいを見学したいと思うとき、駐車場は確保できるのか観光客でもお身ぬぐいの実際を見ることができるのか気になりませんか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

那谷寺で12月26日に観音様のお身ぬぐいを見学したいときに駐車場は確保できるのか

駐車場は無料です。
なお、小型車なら200台、バスなら40台も駐車可能です。
どれだけ広いの!ってビックリでしょう。

つまり、師走の押し迫った時期も時期ですし、
満車になることはありません
余裕で、観音様のお身ぬぐいのときは駐車場を確保できます。

観音様のお身ぬぐいは観光客でも見学可能か?

できますよ。

静かに師走の風物詩を堪能しましょうね。

観音様のお身ぬぐいを写真撮影できるの?

ダメなんです。
那谷寺の金堂でお身ぬぐいは行われるんですが、
そもそも金堂の内部自体が写真撮影禁止です。

心の目にしっかりと焼き付けてくださいね。

那谷寺の観音様お身ぬぐいの概要

・毎年、12月26日
・お身ぬぐいは午前10時から
・通常40分くらいで終了します。
※お身ぬぐいの時間は短いので、余裕をもって御詠歌が始まる前に金堂に入りたいものです。

那谷寺へのアクセス


北陸道加賀IC・小松ICから、いずれも車で約30分です。

那谷寺の境内から霊峰『白山』は見えるのか?

白山は、白山国立公園内の石川県白山市と岐阜県大野郡白川村にまたがる標高2,702mの山です。
日本百名山のひとつで、富士山、立山と共に日本三霊山の一つでもあります。
立山は北アルプス連峰に位置しますが、白山は富士山と同じ独立峰です。

残念ながら、那谷寺の境内からは白山を見ることはできません。

那谷寺から割と近い白山のビューポイント


那谷寺から車で20分ほどです。
山道ですから気をつけてくださいね。
観音水を越えて『白山自然智の里 生雲』を目指します。

駐車できるのは5,6台ですし、宿泊客用の駐車場ですので、
白山を写真に収めたら、早々に離れましょうね。

那谷寺からちょっと車を走らせる白山のビューポイント


小松市の木場潟(きばがた)です。湖ですね。

白山の全景を観音様のお身ぬぐいの日に撮るのは運任せ!

季節が季節だけに、白山が全貌を見せてくれるのは奇跡に近いんです。

個人的に白山スーパー林道(旧名称です。)に7,8回行っていますが、
きれいに全貌が見えたのは、たったの1回だけです。
9月や10月に行ったのですが…

ですので、見えない可能性がかなりあります。

さいごに

観音様のお清めのための「お身ぬぐい」ですが、
こちらもきれいさっぱりとしたいですね。

観音様が清められてから、自分の体を清めるか、
自分をきれいにしてから観音様のお清めを見学するか、
その順序はどちらでも構わないと思います。

観音様のお身ぬぐいは40分ほどで終わります。
境内の参拝時間を考慮しても、時間は潤沢にあります。

もちろん日帰りが一般的ですが、
せっかく加賀温泉が近場にあるんですよ♪

もしも事情が許せば、温泉で体を清めるのも手ですよね。
個人的には、お身ぬぐいを見学してからの温泉がおすすめです。
那谷寺周辺のお泊りどころ[楽天]

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする