玄関の鏡の置き方で風水の良い運気を最大パワーにする位置や形状は?

外出前に玄関で身だしなみのチェックされていますか?

マンションなどの造り付けの下駄箱は扉の一つが全身鏡になっていたり、
また、玄関に鏡を置いて使っているというご家庭は多いのではないでしょうか。

玄関に鏡があると、出かける前に髪型や服装の最終確認ができて便利ですよね。
しかし、テレビなんかで「風水」のことを聞くと、おうちの鏡の位置はこれであっているのかしら?と不安になるかも知れませんね。

今回はそんな風水における玄関の鏡についてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

風水は鏡を置く位置で効果アップ!知っておきたい重要ポイント‼

「鏡」は玄関のどの位置に置けばいいのでしょうか?

「鏡」の形状や大きさはあとで説明しますが、玄関に置く「鏡」の位置によっても風水のパワーは異なってきます。

玄関を入って右に鏡を置く
「出世運」「交際運」「健康運」「対人運」がアップします。

玄関を入って左に鏡を置く
「金運」がアップします。

玄関を入って正面に鏡を置く
通常、正面に鏡を置くと「運気を跳ね返す」とされNGです。

しかし玄関の位置が「北」「北東」「西」「南西」の場合は
逆に「邪気」が玄関から入ると言われており
正面に鏡を置くことが良いとされています。

もし移動することができない場所に「鏡」があり風水的に良くない場合は、
布をかけたり、前に観葉植物を置くと運気を上げることができます。

なお、「健康運」も「金運」も、どちらも上げたいと考えて、玄関の右にも左にも「鏡」を置くのは「合わせ鏡」になり運気を滞留させてしまいます。

欲張りせずにどちらか一方を選ぶようにしてください^^
「舌切り雀」でも欲張ったおばあさんのつづらからは妖怪がウジャウジャ出てきましたから!

良い運気を最大限に取り入れる鏡の大きさや形状!やってはいけない事もあるので要注意

家の顔である「玄関」は風水の世界においても「氣」の入口とされもっとも大切なポイントであると言われています。
毎日が忙しく、家中の風水を整えることができない方でも、玄関に風水を取り入れるだけでたくさんの幸福(運気)を手に入れることができるのです。

この大切なポイントである玄関に置く「鏡」にはどういった意味があるのでしょうか?
風水において「鏡」は、「良い運気を取り入れる」「悪い運気をはね返す」という意味があり、古くから神聖な物として扱われてきました。

ですので実用だけでなく、玄関に「鏡」を置くことで「運気アップ」にもつながるラッキーアイテムだと言えますね。

しかし、ひと口に「鏡」といっても大きさや形など様々なものがあります。
これから玄関用に「鏡」を選ぶという方はいったいどういった物を選べばよいのでしょうか?

下駄箱の上に置くスタンドミラーや壁に掛けるタイプの全身鏡など、
玄関に置く「鏡」をお買い求めになる前にちょっと耳を傾けてみてください。

実際どういったものが「運気」を上げてくれるのかご説明していきます。

まず、「良い運気」を取り入れるためには表面が平らなものが良いとされています。
そして、「運気」を取り入れるためにはあまり小さなものより20cm以上の大きさがあるものが良いのです。

室内用ではあまり見かけませんが、万が一「凸面鏡」を置いてしまうと「運気」が拡散されると言われており、せっかくの「良い運気」を取りそこねてしまう可能性があるのでご注意ください。

また「鏡」は形によって「運気」の意味が異なってきます。

縦長の長方形の鏡
「仕事運」がアップする。

横長の長方形の鏡
「生活運」がアップする。

八角形の鏡
「金運」がアップする。

丸や楕円の鏡
「対人関係」がアップする。

いかがですか?ご家庭で気になる「運気」に合わせて形を選ぶといいですね^^

そしてもちろん、せっかく置く鏡の表面が汚れていては「運気」を取りそこねてしまいます。
玄関と一緒に「鏡」もこまめに掃除して、綺麗な状態をキープするようにしてください。

まとめ

風水の教えでは、玄関周りをきれいに掃除するだけでも「運気」がアップします。

そして空気の淀みは「運気」がダウンしますので、芳香剤の良い香りや観葉植物、
もちろんラッキーアイテムの鏡も置くことで、気持ちよく過ごしやすい玄関が演出できそうですね。

ご家庭の「運気」を上げて1日を元気いっぱい過ごしてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする