奇跡体験アンビリバボー12月20日は絶体絶命のときに助かる方法!

絶体絶命のピンチ!あなたならどうする?
…なんて体験したことは普通ありませんよね。

でも、世界ではとんでもないことが起こっているんですね。
なんと、日本でも!

何事もなく暮らしているのが奇跡なのかもしれません。
不測の事態って、いつ私たちに襲い掛かるのか?

絶体絶命のときに奇跡体験アンビリバボーの12月20日放送を思い出すと、
ピンチから逃れるヒントがひらめくかもしれませんよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

奇跡体験アンビリバボー12月20日の番組内容

砂漠のど真ん中で車が故障!?修理不能!!街まで3日!!奇跡の生還

ドライブ中に砂漠で取り残された男性がとった驚きの方法とは!?

砂漠で取り残された…何で?
みんなと離れてトイレでもしていたのかな?

砂漠って暑いイメージがあるけど、昼夜の寒暖の差がとんでもないと聞きます。
それに、ヘビやサソリなんかの危険生物も多数生息していますよね。

・街まで歩いたのか? でも方向はわからないし。
・穴を掘ってそこにじっとしていた? いや、それじゃ見つけてもらえない。
・砂の上に巨大文字を書いた? 無理でしょ!風で文字が消えちゃうし。

興味ありません? 水もないし方向もわからない砂漠で、一人でどうやって生還したのか。
ひょっとしたら、旅先で迷ったり、仲間とはぐれたときに、参考になることがわかるかもしれませんよ。

動物園が危機一髪!?脱走ゾウを檻に戻せ!!

なんと、上野動物園でのお話です。
1967年、上野動物園内でゾウが柵を越えパニックに!
周りには見物客もいる中、興奮状態のゾウ!飼育員がとった方法とは!?

想像しただけで恐ろしい光景ですよね。
インドやタイではゾウに踏みつけられて絶命したニュースをよく聞きます。

興奮したゾウに思い切り踏まれて助かった人などいないはずです。
そりゃパニックになります。

普段はおとなしいゾウですが、現代の恐竜みたいなものですから、
怖いなんてもんではない…

飼育員はどんな方法を取ったのか?
知りたいですよね。
この方法って、危ない生物や危ない人間に出会ったときに、
応用は聞くのでしょうか?

ピンチを乗り越えろ!!黄金のアイデアSP

【客が来ず経営難にあえいでいた温泉旅館。】
庭は狭いし、他に敷地もないしお金もない。
それでもお客さんが来るような名所を作りたい。
旅館の主人がひらめいたアンビリバボーなアイデアとは!?

あなたなら何を連想しますか。
想像をめぐらしても、こればかりはわかりませんよね。

普通の考えでは、料理を工夫するくらいしかありません。
でも、名所を作ることで温泉旅館を盛り立てたようです。
敷地に小さなお城でも作ったのか、
混浴か(全然目新しくありません)、
採算度外視のギリギリ料金設定か、
全く予想がつきません。

案外、この旅館の主人がひらめいたアイデアは、
私たちの生活でも使えるものかもしれませんね。

【万引き犯の驚きの逮捕劇】
万引き犯の動画ってよく流れますよね。
例えば外国の話ですが、お店のものを盗って勢いよく走り出した犯人ですが、ゲートが突然ロックされたので転んであえなくお縄に…

どんな無様な犯人が登場するのでしょうか?

奇跡体験アンビリバボーの12月20日放送で生活の知恵が身に付くかも?

アンビリバボーって、日常では味わえない経験だからこそ、普段の生活に応用できるような気がします。
生活の知恵とか暮らしの知恵というのも、先人の奇跡体験の積み重ねではないでしょうか。

いざというとき困らないためにも、いろんな奇跡体験を見て、疑似体験しておくのもまた生活の知恵ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする