バレンタインに義理チョコもらってもお返しが面倒くさいからいらない!

決して強がりではありません。

バレンタインデーにチョコ貰えないからって、義理チョコなんかいらねぇ~よ!
だいたい、チョコ貰っちゃったら、お返ししなきゃいけないでしょ。

特に、職場で義理チョコなんか貰った日には、ホワイトデーにお返ししない男子は、
もうクソミソですよね。

だったら、最初から義理チョコなんかやめてください。
いりませんから!
義理でもらったチョコでも捨てるには忍びず、食べちゃいますよね。

奥さんや彼女や子どもが食べてくれるのはいいんですけど、
歯磨きしないと虫歯になるし、余計なカロリーを摂取することになるし、
義理チョコって悪いことだらけなんですよ。

でも、本命の彼女や奥さんや可愛い娘からもらったチョコは大事に大事に食べましょうね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

義理チョコもらって嬉しがる男性に彼女はいない!

バレンタインに義理チョコもらって、本気で相好を崩したり鼻の下のばしたりする奴に彼女はいないはずですよ。ま、奥さんのいるおっちゃんなら義理チョコでも嬉しいんでしょうね。
ヨレヨレスーツのおっちゃんでしたら、奥さんから貰うチョコも義理チョコでしょうから。女性からバレンタインにチョコをもらえた!って、その一事で舞い上がっていますよ。

でも、一緒に住む前の、本命の彼女がいる男性なら義理チョコなんて鬱陶しいに決まっています。愛のこもったチョコは彼女が渡してくれますから。

義理チョコなんか貰ったらホワイトデーにお返ししないといけません。
お返しの費用が嵩んでしまいますよね。
そんなお金使うなら、彼女にたっぷりとお返しをしたりディナーをご馳走できますから。

職場の女性が多ければ多いほど、義理チョコも増えていくって図式でしょうね。
そんなにいっぱい安チョコもらっても処理が大変です。
取りあえず、冷蔵庫にしまって、それがドンドン奥の方に行って、いずれは捨てられると思います。

本命の彼女がいる男性なら、義理チョコなんて必要ないんです。
そして、ラブラブご夫婦にも義理チョコっていらないんですね。

彼女のいない寂しい男子や、もはやくたびれているおっちゃんなら、「女子が俺にチョコくれた!」って、異様な喜びに浸るんです。

バレンタインに義理チョコや義務チョコをもらうと、お返しが本当に面倒くさい!

たとえ、義理チョコでも、贈り物をもらったのですからお返しは常識としても必要ですね。

大昔は、お返しはマシュマロなんていう時代もありました。

ま、お返しは、「取りあえず返したよ」って事実作りですから、何でもいいんですが。
でもですねぇ、人数がたくさんだと費用もそれ相応にかかりますし、お返しを買いに行く時間も面倒くさい。

名案があります!
いっとき流行ったような記憶がありますが、下着を贈るんです。
絶対に次の年から義理チョコすらくれない…と思います。
でも、これってごく親しい女性向けなんですが。

アッ、やっぱりやめましょうね。
今の時代ですと100%セクハラになります。
上司もしくは会社の上層部に報告されて「さよなら」なんてことになりかねません。

本当に義理チョコのお返しって面倒くさい。
誰が「倍返し」なんて決めたのかなぁ!
こんな習慣って日本だけなのにね。

アメちゃん1個ずつなんてこともできないし…
ビスケット1枚ずつ手渡しもできないし。
そんなことしたら、今まで築き上げた評判やらが一瞬で奈落の底まで行きますよね。
箱で渡さないと。

もう面倒だから会社で禁止にしてほしいです。
『義理チョコは、余計な労力を使うため今後禁止とする。職務に専念すべし!』
なんてね。

義理チョコでも奥さんは旦那の戦利品を期待しているかも。

義理チョコでも、もらえるだけで旦那の人気のバロメーターと思っている奥さんはいないでしょうか?

「あんた、チョコ貰って来たんならハヨ出しや!」
「子どもらがおやつで期待してんねんで!」

「あ~、たった2つ?」
「あんた、全然人気ないねんな…」
「しゃあないな、その顔とスタイルやったら」
「もうちょっとマシにならんとな」

クソミソに言われている旦那さんは確かに存在します。
仕事とは全くの別次元で!

そんな旦那さんですが、5,6個も貰えたら奥さんは喜びます。
子供のおやつにもなるし、自分でも楽しめるからです。
まだ食うの?それ以上お腹を成長させるの?って奥さんは実在します。

そんな奥さんに限って、「ホワイトデーのお返しに必要だから、ちょっと小遣い増やしてな…」なんて言おうものなら、「なに言うてんねん!あんたが勝手に貰ったんやろ、自分の小遣いでなんとかしいや」
「女の子からチョコもらってウハウハ言うてたんやろ!昼飯でも抜いたらええやろ!」

旦那さんは本当にかわいそうです。

さいごに

日本ではバレンタインの本当の趣旨は、はなっから没却されています。
ましてや義理チョコなんて迷惑至極な風習となっています。

ベストな解決方法は、義理チョコ廃止運動が広まることです。

バレンタインの本来の意味に戻って「愛を誓う日」にすべきなんです。
チョコを贈る以上、相手に愛を誓うことにしたら、おいそれとチョコなんて遅れなくなりますよね^^

義理チョコもらうと、必然的に高額なお返しが必要となるなんて…義理ですよ、義理!
そんな無駄な費用を使うなら、回転寿司で1回分くらい浮くんじゃないかと思えます。

ですので義理チョコ廃止を推進してほしいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする