喫茶店に長居すると迷惑になるよねぇ居座るのはマナー違反かもね?

喫茶店と言えば、懐かしい昭和スタイルから、カフェまで様々な形態があります。
最近では、コンビニエンスストアの中に飲食が可能なカフェスペースを設けている店もあります。

特にカフェスタイルの店は、いたるところにあり、ちょっと休憩したい時にはとても便利でよく利用します。
間接照明の室内に静かに音楽が流れていたりすると、落ち着いてほっと一息つきます。
そういう場合は、だいたい利用時間は、長くて30分くらいです。

数年前からパソコンを広げている人たちが喫茶店やカフェを長時間、占領してしまうことに対して、迷惑だと感じる人が増え始めました。今は、その改善策として、長時間の利用をしないでくださいなどと書かれた紙をカフェが貼っていることもありますよね。

ここで気になるのが、たとえば何時間までなら長時間の利用(迷惑な長居)にならないのかということです。できたら、時間を気にせずに誰にも迷惑をかけず喫茶店でゆっくりリラックスしたいですよね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

喫茶店で長居したいときに気を付けることは?

どうしても喫茶店を長時間利用したい時は、何時間までが良くて、何時間以上がだめというのではなく、あくまでも飲食店であることを忘れずに、混雑する時間は避けて一度適当に切り上げてまた入店するなどの気遣いがあってもいいかもしれません。

特に張り紙などでお店が長時間の利用を控えてほしいというお願いをされている場合は、せめて1時間以内の利用を心がけましょう。

喫茶店は、家や事務所以外で集中できる別の場所ですが…

喫茶店は、基本的にお茶や食事を楽しむ場所です。
良識の範囲内の時間、おそらく1時間以内ぐらいでしょうか、その時間内での使用がベストかと思います。
特に混雑時、また雨の日など時間帯に関係なく混む日は、周囲に気を配ることを忘れずにいたいですね。

どうしても、集中できるなどの理由から仕事やお勉強をする場所を探しているときは、図書館など目的に沿った場所の利用を心がけたいものです。

喫茶店やカフェで長居の原因になるものは?

普通は、喫茶店やカフェを利用するのは、歩き疲れた時、ちょっとした待ち時間、待ち合わせ、などといった短時間に利用することがほとんどです。

今ではカフェのほとんどに、電源が引かれていて、(つまりコンセントがテーブルにあるということです)パソコンなどを持ち込んで利用することができるため、ちょっとしたオフィス感覚で利用されている方もいるかと思います。

人がたくさんいる場所の方が集中できるという方。
商談などで使用するついでにそのまま仕事をされている方。
ちょっとした空き時間に仕事をする営業の方。
など様々です。

また、お勉強をされている方もいます。参考書を広げてかなり本格的です。
それに、ほぼご自分の事務所的な感覚で使用されている方もいるのも事実です。

店が空いている時間帯であれば、気にする人は少ないかもしれません。
ただ、混雑時は別だと思います。

オフィス街の喫茶店は混雑するから長居は無用!

オフィス街のカフェに入ってみました。時間は、15時過ぎです。
やはり場所柄、人が多く、お仕事中のちょっとした休憩、遅いお昼休み、商談、待ち合わせなど様々な形で利用されているようです。

オフィス街の中にあるカフェはお昼休憩に利用される方がたくさんいらっしゃるので、お昼もかなり混雑します。
お昼ごはんをカフェで?食後のコーヒー?と思われる方もいるかもしれませんが、会社に食堂がない場合や営業などで外回りが多い場合などは、カフェでお昼ごはんを食べられる方は意外にも多いようです。

一度、会社の中に休憩室や食堂がない場所で働いたことがあります。
たいていは、コンビニエンスストアでお弁当などを買い求め、近くの公園のベンチなどで食べていました。

でも、雨の日は、やはりどこか近くでお店に入らないといけません。
カフェは、そういう時にとても便利です。
すぐに注文したものが出てくるので、待つ時間も短縮できます。

こういうオフィス街の中にあるカフェは、混雑する時間がある程度決まっています。
モーニング、ランチ、夕方です。ランチに利用されている方は、長居はしません。
昼休憩内での利用なので、長くても40分以内だと思います。

さいごに

喫茶店やカフェは、寒い日は暖かい飲み物、暑い日は冷たい飲み物でほっと一息つく場所です。
また、場合によって食堂や休憩室の代わりに必要にかられて利用されている方もいます。

歩き疲れて足の痛い方もいるかもしれません。
待ち合わせをその場所に指定されている場合もあります。
いろいろな人がいろいろな目的で訪れる場所です。

少し周囲を見回して、混んできたなと感じたら、席を譲れるような気持ちでありたいと思います。自分の部屋やオフィスではなく、あくまでもお店であることを忘れずに、周囲の人たちと気持ち良く利用したいものです。
何より、最近の喫茶店やカフェは、味にも力を入れています。ぜひ、一杯の飲み物をゆっくりと味わってみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする