服の処分のタイミングとおすすめの処分方法

「服を処分したい」
そんなとき、どうしていますか?
また、どういうタイミングで処分していますか。

普段からあまり服を買わないかたなら困らないかもしれません。
しかしシーズン毎に新しいものを買うと、どうしても増えます。

私は比較的服を買わないほうだと思っています。
頻度としては、2~3か月に1度くらいです。
それでも、数年経てば「多いな」と感じてしまいます。

私の周囲には、「大量に服があって、どうしたらいいか分からない」という人もいます。

そこで、服を処分するタイミングや処分方法をご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

服を処分するタイミングとは?

断捨離をするにあたって、「1年着ない服は手放す」というルールがあります。
今年着ないならば来年も着ないだろう、というわけです。
確かに、その通りかもしれません。

さすがに私はそこまで徹底できません(^-^;
そこで2年ほどは、つい保管してしまいます。

徹底して断捨離するなら、「1年着ない服は処分する」を試してみると良さそうです。

しかし難しいようなら、「もう着ていない服は処分する」という程度から試してみましょう。

少しずつ分類していけば、
・まだ着る服
・もう着ない服
に分けられるはずです。

最近私は、大量に服を処分しました。
私服勤務だった会社を退職したからです。

その会社では、私の入社時に、「制服を作ろう」という話があったのです。
しかし、なんとなく話が進まず、制服は作ってもらえませんでした。

そこで無難な黒やグレーなどの服を、仕事用としていたのです。
仕事を辞めるということが決まったとき、「もう着ることもないはずだから、仕事用の服は全部捨てよう!」と決めました。

そして退職の翌日、すべて処分したのです。
おかげで、クローゼットは、かなりすっきりしています。
こういったタイミングがあれば、服の処分がしやすいですね。

その他に、衣替えのときも、服の処分を行います。
かなり悩みますが、よく考えてみれば、後から、「やはり捨てるべきではなかった」と思ったことなど、一度もありません。
やはり1年着ない服は、もういらないのかもしれませんね。

このように、処分のタイミングは、
・何かきっかけがあったとき
・衣替えのとき
がおすすめです。

では次に処分の方法も見てみましょう。

服を処分する方法はこんなにたくさんあります!

もう着なくなった服が大量にある…
そんなときは、前述のようなタイミングで処分してしまいましょう。
しかし処分といっても、いろいろな方法があります。

捨てる

捨てるのは、いうまでもなく、いちばん簡単な方法です。
捨てる際は自治体の指示に従って、必要に応じて分別しましょう。

オークションサイトやフリマアプリで売る

捨てるのは簡単ですが、手元には何も残りません。
そこで、人気がある服や、ブランドの服は、売るという手もあります。
人気のブランドの場合、着用感があっても売れることがあります。

オークション…入札価格によっては高値で売れる
フリマアプリ…自分の決めた価格で売れる
という違いがあります。

もちろん、使うサイトやアプリによって、ルールは違います。
利用する場合は、しっかりとルールを確認しましょう。

出品するときは、商品画像がとても重要です。
なるべく服の状態が分かるように撮影しましょう。

それほど多くはありませんが、私も、オークションで服を売ったことがあります。
普段から、本やCDを売ることがあるため、その延長です。

ただし着用感などを言葉で説明するのは難しいものです。
そのため写真はとても大切だと感じます。

フリーマーケットで売る

暖かい季節は、屋外で、フリーマーケットが催されていることがあります。
そのフリーマーケットで売るという方法もあります。

お客さんが値切ることもありますが、うまく交渉しましょう。
フリーマーケットの良いところは、お客さんが、「直接自分の目で状態を確認できる」というところです。
発送がないぶん、インターネットで売るよりも楽です。

フリーマーケットに参加する場合、大抵は事前申し込みが必要です。
ネットで検索すれば、近くでフリーマーケットが開催されているか知ることができますよ。

古着屋などで買取してもらう

オークションサイト、フリマアプリ、フリーマーケット。
これら3つは服の処分はできますが、必ず売れるとは限りません。
「残るのは困る」という場合は、古着屋などで買取してもらうという方法もあります。

このとき、状態によっては、『買取不可』となることがあります。
その場合も、頼めば古着屋で処分してくれることがあります。

また、人気のあるブランドなどは、高く買い取ってくれることもあります。

断捨離と同じく、家の中の片付けと整理も本当に大変ですよね。
この動線を便利にしたい、何でいつもここがじゃまなのかなぁって思いません?
せめて引き出し収納だけでも片づけてみませんか。

さいごに

断捨離が得意な人なら、悩まず服を処分できるかもしれません。
しかし、そうでなければ、なかなか処分しづらいですよね。

オークションやフリーマーケットなら、楽しみながら処分ができます。
さらに、売れれば、多少のお金になります。
興味があったら、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする