無印良品の引き出し収納でこれは使える5選を実例で紹介しています!

収納の見直しってされていますか?
我が家もそんなに頻繁にはできないのが現状ですが、気づいたらやるようにしています。

収納の見直しって大事です。
いつのまにか物が増えて乱雑になっていたりします。
整えたと思ったら、すぐに散らかって、あったはずのものがなくなっていたり・・

これ、我が家には当たり前のことです。
なぜなら、小さい子供がいるから。
自分でここにしまうと決めても、なかなかその通りにならないのは子育て家族にはしょうがないことかもしれません。

でも、毎回ここに返す!これはここ!と決めると少しずつですが子供達もちゃんと言うこと聞いてくれます。
開けてどこに何があるかわからない!?なんてことがないように、おすすめの収納を無印良品のアイテムで見ていきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

無印良品の良さはここにある

無印良品は衣食住のすべてのアイテムが揃うお店です。
シンプルで質が良く、長く使えます。

なので最近人気ワードであるシンプルな暮らしをする『ミニマリスト』などにも人気ですよね。ミニマリストとは程遠い私ですが、無印良品大好きです。
シンプルがなぜいいか。それは使う場所にあります。

リビングで使っても、場所を変更してキッチンでも使える。
シンプルがゆえにできることですよね。
そして、質が良い^^

無印良品は私は、決して安いものではないと思っています。
けれども、質が良いので結果的に長持ちします。
初めの初期投資が必要ですが、後から長い目で見るとお値段以上だと思います。(某量販店がチラつきますね笑)

今回は引き出し収納について見ていきます。
家に必ずある引き出し。
使い勝手良く使えてますか?
引き出しを開けて、何がどこにしまってあるか一目で分かるのが理想的な収納です。
どんなアイテムを使い、引き出しに収納すればいいか実例を見ていきましょう。

無印良品のアイテムを使った引き出し収納の実例


nagi-wさんのキッチンシンク下の引き出し収納です。
ポリプロピレンのメイクボックスにキッチンで使うスポンジや布巾などが分けて収納されています。

キッチンシンク下の収納は大容量ですが、仕切りがないので、大きな空間はこのようなケースを入れて使うのがいいですね。



こちらもnagi-wさんの収納です。
同じくキッチンシンク下の引き出し収納で、お鍋類を無印良品のファイルボックスに入れて立てて収納されている例です。

重ねて仕舞ってしまうと、出し入れに両手を使わないとダメですが、立ててしまうことでパッと見やすく出し入れも楽々です。
綺麗に整理整頓されていて、とても気持ちいいですね。



こちらはOtOさんのリビング収納の中にポリプロピレンの引き出しを入れている実例です。
扉の収納でも引き出しを入れて収納力アップができます。
テプラでしまってある物の名前をラベリングしてすぐにどこに何があるのかわかりますね。



こちらはsweetcloudさんのカラーボックス収納に引き出し収納を加えた実例です。
カラーボックスにもピッタリなんです。

そして、深さのあるタイプもあるので、仕舞う物によって使い分けられるのもいいですね。
ポリプロピレンは半透明なので中のものがうっすら透けて見えるのですが、この方は紙を裏側から貼り付けてホワイト化されています。
これ、ナイスアイデアですね。
見た目もすっきりしていて気持ちがいいですね。



こちらはアクセサリーや化粧品を引き出しにしまっているkazumi_innb さん。
洗面台の収納です。

アクセサリーを、見せる収納にするとホコリが気になり丁寧にお掃除しないとダメですが、こちらなら引き出しにしまうのでホコリの心配もありません。
アクセサリーはベロアの仕切りに仕舞われていて、どこになにがあるのか一目でわかります。

化粧品はポリプロピレンのデスク内トレーを使い、こちらも綺麗に整理整頓されていて使い勝手が良さそうです。

さいごに

無印良品のアイテムを使った引き出し収納をご紹介しました。

元々ある引き出しは、ポリプロピレンケースやファイルボックスなどで仕切って使うとグループ分けされて、見た目もはっきり何がどこにあるのかわかるので使いやすくなります。扉の収納でも、引き出しを入れて仕舞えば、さらに収納力もアップします。

今お使いの引き出しが、どうも使いづらい、見にくいなと思われる方の参考になれば嬉しいです。
私もこのようにまとめてみて、夜中なのに引き出し収納の見直しをすぐにしたくなりました。笑

きちんと整理整頓された引き出し、見ていて気持ちのいいものです。
自分のお気に入りの場所から始めてみませんか?
さらにお気に入りのスペースになりますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする