関西の味覚狩りおすすめスポットで季節の旬を味わうための総特集です

味覚狩りって、ほぼ1年中楽しめるんですよ♪
ハウス栽培物でも年間を通して美味しい味覚やフルーツに巡り合うことができます。
でも、やっぱり季節の旬を自然の中で味わってこそ、体も心も喜ぶんだと感じています。

特に、小さなお子さんの場合でしたら、季節ごとの旬の味覚を大切に伝えたいですよね。
関西の味覚狩りスポットについての記事をまとめてみました。
すべてを網羅することはできませんが、味覚狩りに行ってみたいなぁ、と思われたときはけっこう参考になるはずです。いざ、心洗われる味覚狩りスポットへ Let’s go

スポンサーリンク
スポンサーリンク

目次

★★★さくらんぼ狩り★★★

①さくらんぼは小さな果実ながらも、まさに「果物の女王」の名にふさわしい

品種が違うだけで、アメリカンチェリーもさくらんぼです。
ただ、日本産をさくらんぼと呼び、アメリカ産のさくらんぼをアメリカンチェリーと呼ぶことが定着しているだけですね。
さくらんぼって本当にいくつでも頬張れるますね。
関西のさくらんぼ狩りおすすめスポットを以下の記事で紹介しています。

>>関西でおすすめのさくらんぼ狩りスポット6選!雨降りでも大丈夫!

★★★ブルーベリー狩り★★★

②青紫色の可憐な実をカプッっとしたら甘酸っぱい香りが広がります。

そもそもブルーベリーは収穫してから3日も経つと風味が落ちますし、ですのでスーパーではまず見かけませんね。ケーキのトッピングで食べたり、ブルーベリージャムとして食べることが多いのだと思います。
本当の摘みたてのブルーベリーには極上の甘味があるんですよ☆
お子さんには、ぜひぜひ摘みたての本物の甘さ・美味しさを教えたいですよね。
関西のブルーベリー狩りおすすめスポットを以下の記事で紹介しています。

>>関西ブルーベリー狩りのおすすめスポット14選で子供に本物の味覚!

★★★びわ狩り★★★

③淡路島でびわ狩りを楽しんだら、海の幸もたらふく食べよう!

最近のお子さんはびわをよく食べるのでしょうか?
びわが、りんごやみかんほどデザートして一般的じゃないのはあの高さにも原因がありそうです。
割高感があるものを頻繁に買うよりは、もうちょっとお財布から足してお子さんが大喜びの「びわ狩り」に行ってみるのも面白いですよ。大人でもびわの木を見たことある人は少ないんじゃないかと思います。
関西のびわ狩りおすすめスポットを以下の記事で紹介しています。

>>関西のびわ狩り食べ放題スポットは淡路島にあり!おすすめベスト5

★★★桃狩り★★★

④桃はずっしりしていて、ほどよい上品な甘さとジューシーさがたまりません

桃狩りに行ったことありますか?エッ、行ったことない!
いちごやぶどうならすぐ食べられるけど、桃は剥くのが面倒だから?
意外と、剥くのが大変というのには理由がありそうですよね(^^;)
関西の桃狩りおすすめスポットを以下の記事で紹介しています。

>>関西の桃狩りスポット5選!少ないから全部食べ歩くのも楽しい!

★★★とうもろこし狩り★★★

⑤とうもろこし狩りをして茹でたてを食べてみませんか?

とうもろこしって初夏の味覚ですよね。
でも、時間が経てばたつほど、甘みと風味が失われていきます。そう、とうもろこしの美味しさって鮮度が命なんですよ。
でしたら、いっそのこと、もぎたて・摘みたてのとうもろこしを茹でて頬張ってみたいと思いませんか?
関西でとうもろこし狩りをして茹で立てを食べるスポットを以下の記事で紹介しています。

>>関西のとうもろこし狩り体験で茹でたてを食べられるスポットはここ!

★★★メロン狩り★★★

⑥メロンは熟成させないと固くて美味しくない!だから食べ放題がおすすめです。

実は、メロンは狩ってすぐに食べようとしても固くて食べられないんです。熟成期間が必要なんですね。
ですので、メロンを一番美味しく贅沢に食べることができる食べ放題が断然おすすめです。
関西のメロン食べ放題おすすめスポットを以下の記事で紹介しています。

>>関西でメロン狩りするなら食べ放題の方が断然お得に食べられます!

★★★ぶどう狩り★★★

⑦ぶどう狩りはいちばんお手軽な味覚狩りだと思いませんか?

ぶどう狩りって好きですか?
やっぱり、旬の味覚は毎年大事に味わいたいものです。子どもと一緒に行くと、ぶどうの収穫の喜び(切るだけですが)、そして甘くてジューシーな身を頬張る喜びを全身で現してくれます。連れてきて良かった、と思う瞬間です。
関西のぶどう狩りおすすめスポットを以下の記事で紹介しています。

>>関西近畿のぶどう狩りスポット20選あるので探すのに便利です!

★★★梨狩り★★★

⑧奈良で梨狩りするなら風光明媚な吉野の大阿太高原に集まろう!

西の方の梨狩りは鳥取県でしかできないのか?というとそんなことありませんね!
奈良県でも十分に梨狩りが楽しめるんですよ^^
梨はりんごと違って、けっこう食べてもお腹にそんなに溜まりませんよね。
ほとんど水分ですから^^ ま、3個もいっぺんに食べたら膨れちゃいますけどね。
奈良県の梨狩りおすすめスポットを以下の記事で紹介しています。

>>奈良県の梨狩りスポットは吉野の大阿太高原に集中しているよ!

⑨京都での梨狩りは丹後半島で!海の幸もダブルで楽しめる

京都にもわずかながら梨狩りのおすすめスポットがあるんですね^^
その場所は、丹後半島の京丹後市!丹後半島と言えば、やっぱり海の幸の宝庫というイメージが強いですよね。
それでしたら梨シーズンに丹後半島への海の幸旅行が計画できたら、甘くて香り高い梨を求めて、近くの梨農園に足を運んでみませんか。
京都府の梨狩りおすすめスポットを以下の記事で紹介しています。

>>京都の梨狩りおすすめスポットは丹後半島にあり!旅行がてら行けます

⑩大阪や兵庫の都市部でも梨狩りができるんです

秋のフルーツの両横綱と言えば、りんごと梨ですね。独断ですが(^^;)
あなたは、りんご派それとも梨派? 甲乙つけがたいですよね。
イメージとしては都会に分類される大阪と兵庫(神戸がありますから)ですが、そんな都会でも梨狩りが楽しめるなんて嬉しいですね。
大阪府と兵庫県の梨狩りおすすめスポットを以下の記事で紹介しています。

>>大阪や兵庫の梨狩りおすすめスポットで園内食べ放題を楽しめますよ!

⑪滋賀県や和歌山県の大自然の中で梨狩りを思う存分楽しむ♪

滋賀県と和歌山県に共通するのは「田舎」・・いえ自然がいっぱいというところです。
そんな両県ですから味覚狩りも盛んです。もちろん、おすすめの梨狩りスポットもあります♪
自然が色濃く残る滋賀県や和歌山県に出かけて、あのみずみずしくて甘いシャリシャリの梨を頬張ってみませんか?
滋賀県と和歌山県の梨狩りおすすめスポットを以下の記事で紹介しています。

>>滋賀と和歌山の梨狩りおすすめスポットで自然を満喫しに行こうよ!

★★★りんご狩り★★★

⑫木に成っているりんごを見て、それをもぎ取ってその場で食べる!お子さんと楽しみたいです

関西でりんご狩り!?
りんごって長野や青森だけでしか採れないと思っていたら大間違いなんですね。
関西でもいたるところでりんごが栽培されていて、りんご狩りができるんですよ♪
関西のりんご狩りおすすめスポットを以下の記事で紹介しています。

>>関西でりんご狩りが楽しめるおすすめスポット7選!なんと和歌山でも

★★★しいたけ狩りは1年中できる★★★

⑬肉厚のしいたけにかぶりつくと、ジューシーなエキスがジュワッと出てきた!

テレビでよく見る美味しい光景としては、網焼きのしいたけですが、かさの表面を下向きにして焼き、ひだの部分がうっすらと汗をかいてきたくらいで醤油をちょっと垂らして熱々にかぶりつく・・ウ~ンやっぱりたまりません。
関西で1年中しいたけ狩りができるおすすめスポットを以下の記事で紹介しています。

>>関西で1年中しいたけ狩りができるスポット5選!気楽なリフレッシュ

★★★栗拾い★★★

⑭道に落ちた栗を足で踏んで実を取り出すのが栗拾いです

栗拾いしたことありますか?
栗拾いって、都会に住んでいる今の子には全く無縁でしょうね。
栗はとても美味しいものですが、栗のイガは痛くてちょっと危ないですね。
実物の栗のイガが危なっかしいものだということと秋の味覚の素晴らしさをお子さんに伝えるためにも栗拾いに出かけてみませんか♪
関西の栗拾いおすすめスポットを以下の記事で紹介しています。

>>関西の栗拾いおすすめスポット10選バーベキューも楽しめるとこあり

★★★みかん狩り★★★

⑮みかん狩りに行って「焼きみかん」食べたくないですか?

おばあちゃんが焼き網の上におもむろにみかんを置いて焼きだした!?
なんて光景を思い出すこともあるかと思います。
そうなんです、みかんは焼くと飛び切りの甘さに変化するんです。
みかん狩りを楽しんで、そのアト焼きみかんに舌鼓を打てる1日って充実するでしょうね。
関西のみかん狩り&焼きみかんのおすすめスポットを以下の記事で紹介しています。

>>関西でみかん狩りができてバーベキューで焼きみかんも作れるスポット

★★★松茸狩り★★★

⑯秋の味覚の王様とも言える松茸様

松茸、美味しいですね。松茸シーズンになると土瓶蒸しや焼きマツタケが必ずテレビに登場しますね。
大人の味だと思います。ま、子どものうちから松茸の味を教えることを否定はしませんが。
でしたら松茸狩りなんてどうでしょう?
関西の松茸狩りおすすめスポットを以下の記事で紹介しています。

>>関西で松茸狩りができるスポット8選!お腹も心も満足する味覚狩り

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする