ハレの日の入学式で女の子に着せたいスーツ! 発表会で着まわせる

卒園式が終わると4月には入学式が控えていますね!
ピカピカで背負うと大きなランドセル!いよいよ小学生ですね^^

お子さんもパパママもドキドキワクワクの新生活の始まりです。
我が子の成長は嬉しいような寂しいようなそんな複雑な感情も芽生えるものです。

今回は服装にこだわりも出てき始めた女の子を持つパパママ必見!
ハレの日の入学式で女の子が着るスーツについてお伝えします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

女の子が入学式で着るスーツの選び方

入学式の服装指定

まずは通う学校によって服装の指定があるところもあるので服装指定があるのかないのかを購入前にきちんと確認しておくことが重要です。

入学式のスーツの色合い

入学式は春です!!きちんとした服装というと黒などを選びがちですが、お祝いの式ということもありピンクや水色などの可愛らしい春色のスーツを選ぶのがいいでしょう^^
ピンクなどの色のスーツは小さい頃だからこその可愛さかもしれませんね。

日常で着られるものが実はおすすめ

お祝い事で可愛らしいスーツを奮発して買っても入学式の1回きりで終わってしまうのはもったいない気がします・・・
そこで普段でも着られるデザインのスーツを選ぶのがおすすめです^^

スーツの選び方と普段着の組み合わせ次第でいくらでも着まわせるので奮発したスーツも無駄にはなりませんね!

入学式に限らず、幾多のハレの日でも活躍しますよ。

女の子のスーツを選ぶときに気を付けたいこと

次に服装を選ぶときにママとして気を付けてあげたいことをご紹介します!!

周りに馴染みやすい服装

新しい環境で始まる生活、入学式はお友達作りの初日とも言えます。
あまりにも奇抜だったり個性的な服装では周りのお子さんから浮いてしまう可能性も否定できません。
周りと馴染めるようにするためにも派手すぎる服装は控えたいところです。

こんな服装の人いるの?とびっくりするかもしれませんが、原色のスーツや特攻服のようなお子さんも実際にいたそうです。
このような服装だと確実に浮いてしまいます。
そして、いじられる対象にもなりかねません。

個性を大切に!という世の中ですが正式な式典などでは服装は控えめにしてあげることをおすすめします^^

お子さんの着心地も重視

パパママから離れて知らない子だらけのところで迎える入学式、お子さんは今までにない緊張を味わうことでしょう。

そして1人でトイレに行く機会もあると思います。なので脱ぎ着のしやすさなども考えて服装を選んであげましょう。

女の子の入学式スーツに合わせる靴や靴下は?


意外と忘れがちなのが靴や靴下!!スーツやワンピースを準備してほっとしてしまうんですよね(笑)

靴下編

定番中の定番

定番と言えばやっぱり白のフリフリのレースがついたものです。
清潔感もあり、春らしい印象をあたえてくれます^^
このタイプの靴下であれば間違いはありません!!

服装に合わせた色にする

スーツの色に合う靴下にするのもいいですね。
紺のブレザー、グレーのワンピースの場合は黒、濃いめのグレーのスーツなどの場合はグレーの靴下、パステルカラーの服装であれば定番の白が合いそうです!

靴下などでちょこっと個性を出したりするのもいいですね^^

靴下の長さは?

基本的には短いタイプで白のフリルが多いですが、気温や服装、お子さんの好みに合わせてあげるのがいいでしょう。

ただハイソックスにするのであればスカートの丈より長くならないように。
下がってくることも想定してソックタッチを使うなどの工夫もしてあげましょう^^

靴編

フォーマルシューズそれとも運動靴?

フォーマルシューズが圧倒的だと思っていましたが実は新品の運動靴を履いていくことも増えているみたいです。

なぜ運動靴が増えているのかと言いますと・・
【式は体育館だし家と学校の往復だけだから】
【学校からのお知らせで運動靴と指定があった】
【運動靴なら通学時にも使えて無駄にならない】
などの理由で運動靴のお子さんが増えているようです。

ただやはり女の子はフォーマルシューズの子が多い傾向にあるようです。
地域によっても変わってくるのでママ友に聞いてみるといいかもしれません。

下の子が同性であれば下の子の入学式でも使えますし、発表会やコンクールなどで使う頻度が高いお子さんや、入学式だからこだわりたい!というママであればフォーマルシューズを用意するのも無駄にはならないのでいいでしょう^^

さいごに

お子さんの成長はとても早くあっという間です。

大きな節目でもある小学校の入学式、素敵な記念になるようにハレの日の晴れやかな可愛らしいスーツを選んでくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする