服装でできる夏の暑さ対策で節電や省エネ!おすすめ素材と着こなし術

海水浴や山登り、花火大会にBBQから夏コミまで!
夏はこれでもかと魅力的なイベントが盛りだくさんです。

でも暑い日の屋外での活動はその暑さにバテてしまったり、逆に汗で冷えたりしてしまうこともありますよね。

夏の暑さ対策として、体温を下げる食べ物とか便利グッズなど様々な方法がありますが、今回は私の経験をもとに服装からできる暑さ対策をご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

暑いときはとりあえず脱いで薄着になる!

当たり前かもしれませんが、とにかく脱げるものは脱ぎます(^^;)
お家で一人のときはもちろん調節して服を選ぶと思いますが、外出するときはおしゃれのために重ね着をしていませんか?

たとえばトップスにカーディガンを肩がけしていたり、なんとなくストールを巻いていたり、夏でもニット帽などなど…
暑いですよね。

おしゃれには多少の我慢が必要ですが私は我慢できませんでした。
カーディガンの肩掛けも一時期流行ったプロデューサー巻きも、肩や背中が暖かくなり汗っかきの私はすぐ蒸れてしまいます。

熱がこもってしまっても汗をたくさんかいてしまっても熱中症のリスクは高まります。長袖より半袖、長ズボンより短パンです。

少しでも涼しくなるために身軽なおしゃれを楽しみましょう。

リネン素材の涼しい生地で夏の暑さ対策を

半袖にしたのに…、ノースリーブなのに…汗びっしょり(*_*;
なんてことはありませんか?私はよくあります。
そんなときは服の素材を見直してみましょうね。

綿やリネンは肌触りもよくておすすめです。ただし、綿は汗を吸ってもなかなか乾かず汗じみが目立ちます。うっかり飲み物をこぼしてしまったときもすぐには乾いてくれません。

その点ではリネンのほうが乾きやすいです。また、麻の質感が見た目にも涼し気なので私はリネンシャツを愛用しています。

ポリエステルなどの化学繊維でも、「速乾」や「冷感」といった薄手の機能性ウェアはかなり涼しいと思います。

ふんわりシルエットで風の通り道を作れば暑さ対策になる

同じスカートでもタイトなものよりフレアスカートのほうが風の通り道ができてより涼しく感じます。

やっぱり肌に密着していると暑いですからね。細身のスキニーパンツよりもゆったりワイドパンツです。実際私はスキニータイプのズボンに汗じみを作りがちです。

トップスもジャストサイズよりも大きめのものや、ふんわりしたシルエットのものを着ると涼しいです。

焦げるような日差しなら長袖で露出を控えるのが肌を守る暑さ対策!

上記では肌の露出をおすすめしましたが、外出時はちょっと注意しなくてはいけません。

私は子どものころから、暑いからと日焼けを気にせず半袖で過ごしていました。

しかし近年は昔に比べて紫外線は危険視されていますし、日差しもより一層強く感じられ、肌がジリジリと焼けて痛いほどです。このように日差しの強い日は暑くても長袖を羽織って肌を守るようにしています。

特に水着になる海やプールではラッシュガードは欠かせません。
あらわになった肌に直射日光が容赦なく降り注ぎます。

若かった私は「せっかくカワイイ水着を着ているのにラッシュガードを着ちゃうなんて!」と、よく肩を日焼けでヒリヒリさせていました。
当然ヒリヒリ痛いし体は大ダメージを受けていました。

でも最近のラッシュガードは、フリルが付いていたり花柄やドット柄だったりデザイン性が高くカワイイものがたくさんありますね。

また、お買い物や散歩で外に出るときは日傘をさしたりアームカバーをしたりしています。
日傘で直射日光をさえぎるだけで暑さはずいぶん違いますし、アームカバーはぴったりと腕を覆ってくれるのでしっかり日焼けを防ぐことができます。

日焼け止めを塗っていても汗で落ちて効果が弱まってしまいますがこれなら安心です。

こちらも様々なデザインがあり、冷感タイプのアームカバーもあるので、日焼け対策をしながら暑さ対策も兼ね備えることができます。

自分のお気に入りでテンション上げて肌も守ってあげたいですね。

夏の暑さ対策のために敢えて中に着る!

社会の中で生きていると何事もそう上手くはいかないものです。

常に気温に合わせて脱いだり着たりできるのが理想的ですが、会社や学校から指定された服装や制服を着なくてはならない人も多いと思います。

私は学生時代に飲食店のアルバイトをしていました。
そのアルバイト先の制服は季節を問わずわりと厚手の生地で、暑いのでインナーを着ずにそのまま制服一枚で仕事をしていました。

ところが中になにも着ていないからといって特段涼しいわけでもなく…
むしろ汗じみや汗による冷えで不快でした。

ちゃんとインナーを着ていると、ものすごい量の汗をかいても不思議と上に着ている服は無事で感心した覚えがあります。
かわりに全汗をインナーが吸収して食い止めてくれていました。

各メーカーから夏用の涼しいインナーがたくさん出ています。
ぜひ暑い日もそうじゃない日も中に一枚着てください。

さいごに

暑いのが苦手でおまけに汗っかきの私は、昔から授業中も仕事中もプライベートも暑さに体もメンタルもやられていました。

運動して服に汗じみができるのが恥ずかしくて体を動かすことに消極的になったり…ブラウスの汗じみが気になって仕事に集中できなかったり…そもそも体が暑さにやられてやる気も失せます。

気温を変えることは難しいです。でも今は少しでも涼しく快適に過ごせるように、できる範囲で服装を工夫し夏を乗り切れるようになってきました。かしこくオシャレに暑さ対策をして盛り上がる夏を満喫しましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする