風邪に効く食べ物ベスト3を栄養士がお伝え!引いたらコレで治してね

あなたは、風邪を引かれたとき、何が食べたいですか?
おかゆでしょうか?それとも逆にがっつりと焼肉??

熱が出ているときは、食欲がないからあっさりしたもの・・・という方が多いと思いますが、風邪は引き始めが大事。引き始めたときは、栄養のあるものを摂って、早めに風邪を撃退したいところですよね。

我が家は3人の子供がいます。ですので次から次へと風邪をもらってきます。(笑)
一人治れば、またどこかで咳をしているのが一人・・・。

なので、私自身も風邪をもらってしまうことが多いです。ですが、母親業は風邪では休めない!とにかく早めに治す以外にないのです。

そこで、栄養士の資格を持っている私が、普段、風邪を引いたときに食べている食べ物ベスト3をあげてみたいと思います!(もちろん、個人の見解です。)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

風邪を引いたときに食べている食べ物ベスト3☆

ハチミツ

王道と言えば王道ですが・・・。

喉がいがらっぽいな、ちょっと痛くなり始めたな、という時には、とにかく蜂蜜をスプーン一杯なめます。
はちみつには強い殺菌作用があり、咳止めに効果があるとWHOも認めています。糖分は、疲労回復効果も高いので、風邪の引き始めにはもってこいです。

少し前にマヌカハニーが流行りました。マヌカハニーは、通常販売されている他のはちみつより抗菌作用が強いと言われています。我が家でもマヌカハニーを取り入れた時期もあったのですが、なかなかお高いので続かず・・・。

ただ、マヌカハニーを毎日少しずつ摂っていたころは確かに風邪を引く回数が少なかったように思います。



今は、普通の小分けされているハチミツを常備していて、我が家の誰かが「喉が痛い」と言い出したら、その子と一緒に、スプーン1杯のはちみつを舐めるようにしています。

たったそれだけですが、はちみつを舐めて寝るのと寝ないのとでは、翌朝の喉の痛みが違うように感じられます。

注意:はちみつは、乳児ボツリヌス症を発症する危険がありますので、1歳未満の乳児には与えないように注意してください。

納豆ごはん

「えーっ? 風邪に納豆??」と思われた方もいらっしゃるのではないかと思いますが。
実は、昔から「風邪の引き始めに納豆汁」ということわざがあるんです。

納豆は、大豆に含まれているたんぱく質が、納豆菌によりアミノ酸に分解されていて、消化吸収率がとても良い食品です。

そして、アミノ酸の中でも、「アルギニン」や「グルタミン」という必須アミノ酸と呼ばれるアミノ酸は、風邪の原因となるウイルスと戦う免疫細胞を活性化する働きがあります。

納豆には、この「アルギニン」も多く含まれています。

我が家では、納豆汁は作りませんが、風邪をひいたら、「ほかほかのご飯の上に納豆をのせて、バクバク食べてたくさん寝れば風邪がすぐ良くなるよ~!」と子供たちに言って聞かせ、夕ご飯に納豆ごはんを食べさせて寝かせています。

これだけ食べれば、たんぱく質と炭水化物がとれます。あとは、デザートなどでビタミンを補給すれば、栄養満点です。

ネギのお味噌汁

小さい頃、私が風邪をひくと、母が決まって作ってくれたものがあります。
それは「ネギみそ」。ネギをすり鉢ですって、蜂蜜と酢と味噌を入れて、つくってくれました。

これをご飯にのっけて食べたり、お湯にとかしてお味噌汁にして飲むと、不思議と風邪が治ってしまうという、私にとっては小さい頃の魔法の食べ物でした。

ねぎには「アリシン」という成分が含まれています。この「アリシン」がのどの痛みを緩和してくれるほか、ウイルスの増加を止めてくれると言われています。

ネギを切ると細胞が壊れて、この「アリシン」が発生します。
すり鉢でするというのは、細胞を壊してアリシンの成分を引き出す知恵だったんですね。

 今の我が家は、さすがにすり鉢もすりこぎもないので、フードプロセッサーでねぎをみじん切りにして、そこにはちみつ(砂糖でももちろん代用できます)、酢、味噌を入れて、さらにかき混ぜます。

これで完成。最後にかつおぶしを加えると、お湯をいれたときにお味噌汁の出汁の役割を果たして美味しくなります。

冬場は、これを作って常備しておき、ちょっと風邪をひきそうだな、というときにお湯にとかしてお味噌汁にして飲みます。また、ネギには解熱作用もあると言われていますので、熱が出て、水分を摂らなければならないときなどは、この味噌汁を子供に飲ませることもあります。

これを飲んで寝るだけで不思議と身体が楽になります。私にとっては今でも「魔法の食べ物」です。

風邪に効く食べ物は他にこんなものが!

今、あげたほかに、風邪に効くという食べ物は沢山あります。ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか?

  • 果物(風邪をひいたときにビタミンは必須です。さっぱりして食べやすいのも魅力)
  • 卵(レシチンが風邪予防に効果があると言われています)
  • 肉(良質なたんぱく質をとることは風邪を治すのにとても大事なことです)

さいごに

風邪に効く食べ物についてお話しました。
風邪は万病の元。あなどってはいけません。
風邪に効く食べ物を食べて、ゆっくり睡眠をとることで、こじらせる前に風邪を撃退してしまいたいですね!

そして、一番大切なことは「手洗い、うがい」です。この基本も忘れないでくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする